2011-07-13 01:35

或る晴れた日のこと、初めての帰省

というわけで、7/10~11と、人生初となる「帰省」というものをしてみました。


kisei2011JulyA.jpg
仕事から帰って寝ないまま、朝5時ぐらいの電車に乗る。
行きは、徐々に地元へ近づく高揚感を感じようと思い、在来線を乗り継いで普通列車だけで行きました。
浜松から乗った313系クロスシート車を数ヶ月ぶりに見て、「帰ってきたなぁ」と実感する鉄ヲタべるく。
豊橋駅で記念撮影などしてみました。

一度家に帰って昼飯を食べる。
地元ではちょうど祭りをしてて、同級生や下級生が消防団で警備をしてました。
懐かしい顔に嬉しさと、地元で家族を持って根を張って暮らしてる姿に若干の疎外感を感じました。


kisei2011JulyB.jpg
その後、買ってから使ってないデビューmanacaを使おうと思って、国府駅まで送ってもらって、そこから名鉄で本笠寺駅へ。
鳴海から普通に乗り換えたのですが、そろそろ存在が危うい5700系に乗れたので、ちょっと嬉しかったり。

そういや国府駅がエスカレーター設置工事と改札内拡張工事で、結構変わってたのでびっくりしました。


kisei2011JulyC.jpg
そして今回の帰省の目的である、水樹奈々さんのライブに参戦するために、日本ガイシホールへ。
本笠寺から割と近かったです。
そこで友人と合流し、2人でライブへ。

なんというか、こんなにテンション上がったのいつ以来だろ?って感じ。
たぶん5月ぐらいにぱすぽ☆行って以来じゃないだろうか。
とにかく唄った。とにかく叫んだ。とにかくサイリウムを振った。

そして奈々さんに元気を貰いました。


kisei2011JulyD.jpg
そして翌日。
前日に睡眠をほとんどしてなかった反動か、昼まで爆睡。

午後は引っ越し前に勤めてた家電屋へ。
とある店では、元バイトが正社員になって働いてたのを見て、ちょっとほっこり。
元いた店では、元同僚の皆さんに会って、久しぶりに喋って。
もう1つ別の店に行こうと思ったけど、元いた店の店長が異動した先だということを聞いたので、ちょっとスルー。

なんか、人と喋ること、店に同僚がたくさんいること、その辺は家電屋のほうがよかったなぁ、とは思います。
だって今、お店に男はおれと店長だけだし。


一通り挨拶したり喋り終わったところで、帰宅して、家族その他親戚が集まって食事。
23歳の従姉妹が結婚するとのことで、先をこされるべるく兄妹。
というわけで、3月に沖縄へ行くことになりそうです。脱・飛行機童貞。

それにしても、うちの親は「お前たちがやりたいようにやればいい」と相変わらずゴーイングマイウェイを支持してくれているので、ありがたい限りです。

でも、いつかは孫の顔見せてあげるよ。
ただ今は、やっぱ自分が気の済むまで自分がやりたいことをやってみる。


8時ごろに地元の駅を離れて、豊橋駅に着いてからカルミアでお土産を選定。
っていうかさ、三河って意外と色んなお土産あるんですね。
やっぱ離れてみないと分からんわ。

そして20:32発のこだまで2時間の旅。
まあそれでも十分早い。
そして松戸まで戻ってきましたとさ。


大学を休学していた2002年夏、一時の間だけ住み込みの短期バイトで家を出て、長野県松本市付近に住んでいたことはありますが、今のおれにとって、「戻る」のは今の拠点・松戸だということ。

今のおれの「いつも」は、松戸にある。
昔の「いつも」は、もうその姿をしていない。
おれは新しい「いつも」選んだのだから、これからもその「いつも」を大事にして、しばらく松戸で生きていこうと改めて思いました。


三河に「戻る」のは、これから先しばらくはありそうもない。
それをするのは、いつか事を成してから。


でも、三河国は、いつまでもずっとおれの故郷。
美しく、大好きな、おれの故郷。

それは不変。

だっておれは三河人だから。
関連記事
  1. 2011/2012年のおでかけ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する