-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2011-06-11 23:45

紫陽花は梅雨空に映えて

近所にある通称「あじさい寺」に、人の足が伸びてきました。

そして道端にある、最近まで蕾だった紫陽花も、だいぶ花を咲かせてきました。




昔の自分は、生物がもともと好きじゃなかったし、花なんか腹の足しにもならないと思ってました。


が。

今はそうでもないです。

昔、そんな当たり前の風景が大事なんだと、大事な人と居て、教わりました。



時を経て。

今、季節ごとに色んな花を咲かせる今の街を好きになりました。

目に見えるもの全てが、自分を自分らしくさせてくれている気がします。


それが曇り空だろうと。

それが雨の日だろうと。

全て世界を形作るもの。自分を形作るもの。



生きることは時に辛いけど、それでもそんな花たちのように。

凛として生きていこう。

そんな風に思います。



梅雨が嫌なのは、たぶん自分がそう思うから。

自分の心が、そう思わせているから。

全ては、自分次第。
関連記事

テーマ:日記
ジャンル:日記

  1. 日記・雑記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。