TOP > キハ181系の終幕、特急はまかぜ乗ってきた!
 ← 日曜の朝に | TOP | 更新途絶してすみません

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク キハ181系の終幕、特急はまかぜ乗ってきた! 

2010年10月08日 ()
復活!! 復活ゥゥゥ!!
というわけで、およそ1ヶ月ぶりのブログ更新です(苦笑)

昨日10月5日火曜、「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」を使い、兵庫県まで行ってきました。
しかし長い名前だなオイ・・・
目的は複数あったんですが、まず日本百名城スタンプラリー。(姫路、赤穂、明石)
そしてケータイ国盗り合戦でちょうど兵庫県のキャンペーンをやってたので、それに参加。

そしてもう1つの目的が、タイトルにも書いてますアレ。


キハ181系特急はまかぜ(クリックで拡大/解除)
特急はまかぜで最後の活躍をしているキハ181系ですよ!!

JR西日本の発表によれば、11月7日から新型車両のキハ189系に置き換わるとのことで、定期列車としてキハ181系が走るのもあと1ヶ月。
大阪まで行けば撮影はできますが、まだ1度も乗ったことが無い車両、しかも国鉄型車両がこのまま消えるのは忍びない!
しかし山陰地方に行くには連休が必要となるので、とりあえず大阪~姫路間で特急はまかぜに乗車して、キハ181系最後の走りを体験しに行きました。
ターゲットは、大阪12:05発の3号!

あ、もちろん乗り放題きっぷでは乗れないので、乗車券&自由席特急券を別途購入しましたw 2390円也。


キハ181系はまかぜの車内(クリックで拡大/解除)大阪駅は5分前に入線し、慌しい中で西へ向け出発した、はまかぜ3号。
ちなみにはまかぜは、姫路まで東海道・山陽本線を走り、播但線に入って兵庫県の但馬地方を目指す特急で、現在有名な餘部橋梁を通る唯一の特急です。

さて、座席は一応リニューアルしているようですが、色や形がどことなく国鉄型のような感じですね。
あと、ドアが手動とか、上着をかけるフック、照明、クーラーなど、随所で無骨な国鉄型車両の雰囲気が見受けられます。

(クリックで拡大/解除)



っていうか、
☆超☆轟☆音☆
さすが国鉄さんの大出力気動車やで!

・・・と言いつつも、実際JR東海のキハ85系とかとそんなに変わらないような気がしたんですが、気のせいかな?
東海のカミンズ製エンジンも大出力で割と音が大きいですしね。
ただ、キハ181系のエンジンの唸りは、老体に鞭打つかのような音でしたw


姫路駅停車中(クリックで拡大/解除)
130km/hの俊足・223系新快速の合間を縫って、40年近く経った車体で頑張るキハ181系特急はまかぜは、大阪から約1時間で姫路に到着。
その音と姿に、ある種の哀愁と健気さを感じずにはいられません。
また、前面はパノラミックウィンドウで、姿は何となく地元・JR東海の313系に似てるような雰囲気でした。

ただ、もう少し長い編成だと、中間車の屋根上にある放熱機の連なりが決まるんですよねw
キハ181系の見所の1つに、やっぱ黒色の長い放熱機があると思いますから。


さて、姫路では進行方向も変わりますので、12分停車。
時間ばかり追い求める今時の特急で、12分停車というのは珍しい部類。


ドア入り口(クリックで拡大/解除)なので、じっくりとその姿を楽しむことができましたw

こちらは、都市部のかさ上げされたホームに合わないステップ。
こういうところでも、国鉄時代の雰囲気を感じることができますが、現状は車内からステップにいったん下がり、またホームに若干上がる状態なので、バリアフリー的にはかなり何とかしたいところですよねw

(クリックで拡大/解除)



消え行くグリーン車(クリックで拡大/解除)
そして今回、キハ181系が引退するにあたり、特急はまかぜからグリーン車が無くなります。
グリーン車は国鉄時代からのシートまんまだそうで、それはそれで貴重ですが、一般利用客からすれば、他の新しい車両のグリーン車と比較したらこのグリーン車には乗れないかなと思います。

実際、見たら外人さんが1人、おそらくジャパンレールパスの旅行者と思しき人が乗ってたぐらいで。
昨今の景気とこのはまかぜの利用者数を鑑みた結果で、キハ189系から普通車のみになるのは分からなくはないかな、と思います。


ヘッドマークと特急マーク(クリックで拡大/解除)外装はJR西日本の特急で使われる塗装となり、既に国鉄色の車両は存在しませんが、この昔ながらの絵入りヘッドマーク、そして「特急」がまだ格調高かった頃を偲ばせる国鉄時代の特急マーク。

国鉄型車両が消えて新型車両を導入することについては、顧客視点、CSの部分から見れば当然のことと思います。
ただ、このように無骨で味のある車両が無くなる事は惜しいことだとも思います。


(クリックで拡大/解除)



今年1月の急行能登に乗った時もそうですが、特急というハードな運用をこなし、40年近く頑張ってきた車両も、もう限界だろうと思いました。
ここらで後輩に道を譲ってもいいのかな、と。
私はいつも、去り行く車両には「お疲れ様」とだけ、一言。

それに特急はまかぜは消えるわけじゃありません。
むしろちゃんと残ってくれたんだから、高速1000円とかに負けないように、しっかり乗ってあげないとダメですね!
今度はキハ189系で山陰のほうに行ってみてもいいかな?w


【関連リンク・過去記事】
JR西日本・7月定例社長会見(2010.7.21)
Wikipedia-特急はまかぜ
冬の北陸一人旅2010!Ⅵ【さよなら寝台特急北陸・急行能登編】(2010.2.18):能登には乗ったんだけど…
孤軍奮闘、JR東海の117系(2007.7.27):個人的に次に「お疲れ様」と言いそうなヤツ
関連記事
[2010.10.08(Fri) 05:01] 鉄道全般Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 日曜の朝に | TOP | 更新途絶してすみません

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/946-3dd17b93
 ← 日曜の朝に | TOP | 更新途絶してすみません

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。