2006-12-30 00:49

東三河のあの場所へ ~豊川市御油町~

♪こなぁ~ゆきぃ~♪の季節ですねぇ。>挨拶
今日は東三河でも初雪が降りましたよ!
ついでに昨日は寝落ちして更新できず…。

▼今回はかなりローカルネタ▼
ホントに、かなりローカルですが、今回は東三河のあの街訪問、ってことで愛知県豊川市御油町をパワープッシュ。

20061230001835.jpg(東三河ふるさと公園・駐車場から)

旧東海道の35番目の宿場町・御油宿として栄えたこの街は、今でも昔の街道筋の風景を残し、風情ある場所となっています。
1959年4月に、それまでの宝飯郡御油町から編入合併して豊川市の一部となりましたが、現在でも御油町域は独立愚連隊的な意識がまだまだあります。
(どうでもいいですが、蒲郡市大塚町、豊橋市旧石巻村域なども似たような感じみたいです。昭和の大合併のお陰どすね)

さて、御油と言えば、何と言っても「御油の松並木」です!

20061230001845.jpg
普段地元人は車で素通りする場所なんですが、松並木がこれだけ残ってるのはやっぱりすごい。
それ故、実は国の天然記念物に指定されているのです。すげーw
9月には、松並木のライトアップイベントも開催されたみたいです。

あと、そんな御油町に最近、東三河ふるさと公園なる謎の県営都市公園ができましたw
上の写真を取ったのがここの駐車場だったのですが、めんどくさかったので中には入ってませんw
それにまだまだ整備箇所があるので、完全開園まではもう少しかかるみたいです。

あと、御油町内を流れる音羽川の川岸にある桜は、意外と穴場なイイ桜スポットですよ。

はい、以上、豊川市御油町のご紹介でした~。
ここんとこ豊川ばっかりだったので、次は豊川以外の場所に出没しますw

豊川市公式サイト
御油の松並木(豊川市観光協会のサイト)
東三河ふるさと公園御案内



関連記事

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル:地域情報

  1. 東三河地方の地元ネタ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する