-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2010-06-27 23:17

国道1号と東三河環状線の立体交差化、最終章の続報

〔※2011年3月完成したレポをお探しの方はこちらからどうぞ


最終章って書こうとしたら、既に前回の記事で最終章と銘打ってあったので、続報にしましたw

さて、以前より何度かご紹介しております、豊川市の国道1号と愛知県道31号・東三河環状線の立体交差化工事


R1・r31立体交差工事@豊川市(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除)
交差部分の橋桁以外の工事をした状態のままで放置されること数年、今年やっと予算がついたみたいで、この見慣れた風景も、新しい日常の風景への工事が始まっています。


【これまでの記事】
国道1号と東三河環状線の立体交差化工事、いよいよ最終章(2010.4.14)
東三河環状線とR1の立体化工事が進行…止まってるし!(2009.9.20)
国道1号と東三河環状線が立体交差化工事中(2007.11.15)



R1・r31立体交差工事@豊川市(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除・停車中に撮影)
というわけで、まずは今年5月17日の写真。
この時点で一部の橋脚は完成していて、その間に仮設?の橋脚も設置して、完成済みの橋桁を持ってきた状態です。
あとは、スライドしていって降ろすような感じの工事になるんだと思いますが、その辺の工法はよく知りません。たぶん建設会社のホームページなんかに詳しく載っているかとw


R1・r31立体交差工事@豊川市(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除・停車中に撮影)
そしていつの間にか橋桁が1号線上に降ろされた状態になってました。既に橋桁にも信号機が設置されています。


R1・r31立体交差工事@豊川市(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除・停車中に撮影)
信号は青ですが、写真を撮ってたら青になってたんです。運転にはちゃんと気を遣いましょう(苦笑)

それはさておき、こんな感じで既に八幡町方面は橋桁の設置が終了して、繋がっている様子。
一方、御津町方面はまだ繋がってません。
とりあえずは、1号線の上に橋桁を架橋する工事が一番の難関だと思うので、既に佳境は超えたものと思います。架橋だけに。


というわけで、10月末の工事完了まで半年を切り、今年中あるいは今年度中には国道1号の上をスムーズに走れるようになりそうです。
そして国道23号豊橋バイパスも順調に工事が進んでいるようなので、いずれ遠くない将来には、車の流れにもまた変化が生じることと思います。


【追記】
→しかしなかなか完成しない2010年秋のお話はこちら
関連記事

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル:地域情報

  1. 東三河地方の地元ネタ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。