TOP > はやぶさ、その身燃え尽きるまで
 ← レイニーホリデー | TOP | 19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【亀崎駅編】

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク はやぶさ、その身燃え尽きるまで 

2010年06月14日 ()
昨夜、7年間の宇宙飛行を終えて、探査機はやぶさが還ってきましたね。

6月帰還と聞いていたのですが詳しい日時を知らず、昨夜は仕事から帰宅してブログの記事を書いているうちに、既に大気圏突入してました(苦笑)
瞬間の映像をライブで見たかったなぁ…。


記憶に新しい月探査機かぐやでは、ハイビジョン撮影の地球の画像を始め、色んな調査をしてました。こっちは割とトラブルも少なく、順調だったと思います。
だけど、小惑星探査機であるはやぶさの道のりは険しかった・・・。

中日新聞を読んでたら、「地球をソフトボールの球とすると、月は約3メートル離れた10円玉、イトカワは1.7km先の粉粒」って書いてありました。
はやぶさ頑張りすぎだろう、常識的に考えて。

しかもイオンエンジンのトラブルとかバッテリー切れで通信途絶したりとかの幾多もの困難がありましたが、先を読んだ技術者たちの努力と、発想の逆転で、3年遅れながら地球のソラへ還ってきたはやぶさ。
各種ミッションをこなしたはやぶさは、最後の最後に地球に落下することすらも、今後ありうる小惑星の衝突可能性についての軌道予想データとして使われるそうです。




最後、カプセルを放出後に大気圏に突入するはやぶさを動画で見てたら、涙腺が崩壊w
カプセルは一条の光となって流れ星のように地球へ向かい、それと対照的にはやぶさはバラバラに散って燃え尽きてました。
もうね、私こういうのに弱いんですよw


はやぶさが最後に撮影した地球(クリックで拡大/解除)










はやぶさが最後の任務として撮影した地球
(c)JAXA
(クリックで拡大/解除)

そしてこちらが、はやぶさが最後に撮影した地球の写真。
カプセル放出して燃え尽きる前のラストミッションです。

下が灰色なのは、途中で送信が出来なくなったからだそうで・・・。
満身創痍で還ってきて、最後まで仕事をして、燃え尽きる直前のこの写真は、綺麗に地球を写した他の写真にも決して負けてないと思います。
はやぶさ、かっこいいよ。


日本人がロボットなんかを擬人化・・・人間に見立てて愛着を持つというのは、物に魂が宿るアミニズムから来ると思う日本人特有のものだと思いますが、それにしても今回の「はやぶさ」帰還には、目頭が熱くなりました。

日本人技術者の努力もそうだけど、やっぱ7年間も宇宙で独り頑張り続けて、最後燃え尽きて使命を終えるはやぶさそのものに、敬意を表したい。
ただ、おかえり、って。

ここしばらく、自分の情けなさや過ぎ去ったことを悔やんだりして泣いたりしたこともちとありましたが、感動して涙が出たのはいつ以来だろう・・・という感じでした。
心が震えるこの感覚、最近思い出せずにいた感覚でした。

はやぶさの帰還と、それを支えた技術者の皆さんの努力、そこに感じたものを、自分も別の形で生かしていきたいなと思いました。
この半年ほど色々あって辛いこともありましたが、いいタイミングではやぶさが還ってきてくれて、私も頑張ろうという気になりました。

お疲れ様でした、はやぶさ。


そしてこの世界初の偉業を生中継する曲が1局も無かったテレビ業界に絶望しました。
所詮マスゴミはマスゴミだったというわけですね。
その時間にサッカーワールドカップの放送をしてなかった局もあるんだし、そういうところが中継でもすればよかったのに。

マスゴミは死んでますね。まあだいぶ前からですが。
関連記事
[2010.06.14(Mon) 22:12] 気になるニュースTrackback(3) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

はやぶさ帰還中継 by junk
見てましたよ。
ただ、回線が重くて、瞬間光ってそのまま真っ暗に。
ただただ、お疲れ様ですと祈っていました。
「ミリオン・キャンペーン:星の王子さまに会いに行きませんか」を応募した事もあり、
いつも無事還ってきてくれとも。
そして、最後の最後まで仕事を果たして本当に凄い奴だと。

話は変わって、京次西の交差点。
ここ数週間、国1を走っていなかった間に橋が架かっていました。
今のところ国1を跨ぐ部分にしか架かっていなくて左右は分断されたかたちですけどね。



想いは同じ! by HINAKA
HINAKAです。

べるく

本当に、今回の『はやぶさ物語最終話地球よはやぶさ(ヤマト)は還って来た!』に関しては、全く同感で言葉はありません。
と言うか、詳しくはトラック・バックさせていただく拙ブログ記事を、御覧下さい。

それよりも、何よりも、まさに思いは同じ!地に墜ちたり日本の報道よ!!です。
何とかNHKだけは、カプセル回収班に同行取材するようですが……。

そして、全てが終わった翌日、それまでの沈黙を破って「良かった良かった!」の連呼!!
サッカー・ワールド・カップの取材に行っている1取材班でも、超感度カメラを持たせて「はやぶさ帰還の瞬間!生中継!!」くらいやれば良いモノを!!

今回は48才遅咲きの歌姫、『スーザン・ボイルさん物語』に続いて、「はやぶさ物語」を広めた。
確かに画像や音楽・替え歌の著作権問題はありますが、見事な画面構成で見る人々に訴えた、ネット配信によるMAD映像の力が、大きかったと思います。
同時に、その効果にすぐに反応してサイトを開設した、JAXAもお見事!下手なお役所サイトとはまったく違う、見て読んで感動できる見事なサイトです。低予算少人数の中で、決して暇では無いだろう人達が、それでもユーモアや遊び心を忘れずに、伝え続けてくれた「はやぶさ君物語」。

もはや、全ての人に感謝!感謝です!!

最期の地球の映像は、アメリカの宇宙探査機ボイジャー2号が、太陽系を離れる時その電波到達距離を超えながらも、スッタフの想いが伝わって同じように反転制御に成功して、歴史上初めて撮影に成功した、太陽系外からの太陽系の写真!に、匹敵すると思います。
ボイジャーはより深遠な宇宙放浪に旅立ち、はやぶさは大気圏に突入して、流星となって母なる地球大気と同化しました……。

でもやはり言いたい、べるく様と同じように字が違っても「日本のTV局のバカヤロー!」と。

それでは、また。

コメントありがとうございます! by べるく@管理人
>junkさま
いつもコメントありがとうございます!

「ミリオンキャンペーン」って、あのターゲットマーカーに名前を載せるイベントのことだったんですね。
正直、私の場合発射当時のことはよく見てなかったんですが(苦笑)、junkさまはずっと見守ってたってことですよね。感慨もひとしおだと思います。

回線の重さはそれだけ皆さんが興味を持たれていたということで、はやぶさもJAXAの皆さんも本望だと思います。
本当に「お疲れ様」と言うばかりです。

あと、東三河環状線立体交差工事に関しては、明日の休みに様子を見てきます。
情報ありがとうございます!


>HINAKAさま
いつもコメントありがとうございます!

マスコミの偏重さには相変わらずうんざりするばかりです・・・。
何を伝えるべきか、伝えないべきか、選択が相変わらず極端と言いますか、何と言いますか。

それにしても、HINAKAさまのおっしゃる通り、JAXAの皆さんのサイトにかける意気込みはすごいですね!
あれだけ頑張っているサイトはなかなか無いなぁ、と思います。
そして一般の人たちが、動画なんかで色々作ってるのを見ると、はやぶさが愛されてるのがよく分かります。

そして今回のはやぶさ帰還で宇宙への興味が広がり、そして子供たちの夢へと繋がってくれるといいなぁ、と切に願うばかりです。

コメントを閉じる▲

 ← レイニーホリデー | TOP | 19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【亀崎駅編】

COMMENT

見てましたよ。
ただ、回線が重くて、瞬間光ってそのまま真っ暗に。
ただただ、お疲れ様ですと祈っていました。
「ミリオン・キャンペーン:星の王子さまに会いに行きませんか」を応募した事もあり、
いつも無事還ってきてくれとも。
そして、最後の最後まで仕事を果たして本当に凄い奴だと。

話は変わって、京次西の交差点。
ここ数週間、国1を走っていなかった間に橋が架かっていました。
今のところ国1を跨ぐ部分にしか架かっていなくて左右は分断されたかたちですけどね。


[ 2010.06.16(Wed) 22:17] URL | junk #K6Yehjas | EDIT |

HINAKAです。

べるく

本当に、今回の『はやぶさ物語最終話地球よはやぶさ(ヤマト)は還って来た!』に関しては、全く同感で言葉はありません。
と言うか、詳しくはトラック・バックさせていただく拙ブログ記事を、御覧下さい。

それよりも、何よりも、まさに思いは同じ!地に墜ちたり日本の報道よ!!です。
何とかNHKだけは、カプセル回収班に同行取材するようですが……。

そして、全てが終わった翌日、それまでの沈黙を破って「良かった良かった!」の連呼!!
サッカー・ワールド・カップの取材に行っている1取材班でも、超感度カメラを持たせて「はやぶさ帰還の瞬間!生中継!!」くらいやれば良いモノを!!

今回は48才遅咲きの歌姫、『スーザン・ボイルさん物語』に続いて、「はやぶさ物語」を広めた。
確かに画像や音楽・替え歌の著作権問題はありますが、見事な画面構成で見る人々に訴えた、ネット配信によるMAD映像の力が、大きかったと思います。
同時に、その効果にすぐに反応してサイトを開設した、JAXAもお見事!下手なお役所サイトとはまったく違う、見て読んで感動できる見事なサイトです。低予算少人数の中で、決して暇では無いだろう人達が、それでもユーモアや遊び心を忘れずに、伝え続けてくれた「はやぶさ君物語」。

もはや、全ての人に感謝!感謝です!!

最期の地球の映像は、アメリカの宇宙探査機ボイジャー2号が、太陽系を離れる時その電波到達距離を超えながらも、スッタフの想いが伝わって同じように反転制御に成功して、歴史上初めて撮影に成功した、太陽系外からの太陽系の写真!に、匹敵すると思います。
ボイジャーはより深遠な宇宙放浪に旅立ち、はやぶさは大気圏に突入して、流星となって母なる地球大気と同化しました……。

でもやはり言いたい、べるく様と同じように字が違っても「日本のTV局のバカヤロー!」と。

それでは、また。
[ 2010.06.17(Thu) 03:33] URL | HINAKA #no8j9Kzg | EDIT |

>junkさま
いつもコメントありがとうございます!

「ミリオンキャンペーン」って、あのターゲットマーカーに名前を載せるイベントのことだったんですね。
正直、私の場合発射当時のことはよく見てなかったんですが(苦笑)、junkさまはずっと見守ってたってことですよね。感慨もひとしおだと思います。

回線の重さはそれだけ皆さんが興味を持たれていたということで、はやぶさもJAXAの皆さんも本望だと思います。
本当に「お疲れ様」と言うばかりです。

あと、東三河環状線立体交差工事に関しては、明日の休みに様子を見てきます。
情報ありがとうございます!


>HINAKAさま
いつもコメントありがとうございます!

マスコミの偏重さには相変わらずうんざりするばかりです・・・。
何を伝えるべきか、伝えないべきか、選択が相変わらず極端と言いますか、何と言いますか。

それにしても、HINAKAさまのおっしゃる通り、JAXAの皆さんのサイトにかける意気込みはすごいですね!
あれだけ頑張っているサイトはなかなか無いなぁ、と思います。
そして一般の人たちが、動画なんかで色々作ってるのを見ると、はやぶさが愛されてるのがよく分かります。

そして今回のはやぶさ帰還で宇宙への興味が広がり、そして子供たちの夢へと繋がってくれるといいなぁ、と切に願うばかりです。
[ 2010.06.17(Thu) 22:59] URL | べるく@管理人 #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/905-02277778

JAXAはやぶさサイト (サイト・リンク済み) ------------------------- 「はやぶさ」大気圏突入/カプセルも発見 (サイト・リンク済み) 日本時間6月13日19時51分に「はやぶさ」は無事カプセルを分離し、日本時間6月13日22

〈「はやぶさって何だ!?」という方は↓を見て予習してください!〉 『JAXA小惑星探査機「はやぶさ」物語』 (HINAKA註:これ、本当によく分かります! 言ッちゃぁ~、なんだけど面白い!) ------------------------- はやぶさ:

分かってはいては、熱くなる胸を押さえ切れません! ただもう、祈るばかりです……。 大気圏突入予定は、6月13日深夜! カウント・ダウンは、後援企業のNEC公式サイト『はやぶさ、7年間の旅(リンク済み)』のトップにあります(6月4日開設)。   頑張れ
 ← レイニーホリデー | TOP | 19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【亀崎駅編】

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。