TOP > 冬の終わりに、0泊2日で行く飛騨の旅!【高山編・弐】
 ← 飛んでっけええええええ | TOP | 春の風

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 冬の終わりに、0泊2日で行く飛騨の旅!【高山編・弐】 

2010年04月02日 ()
〔2012.1.20 画像表示方法変更〕

4月から売り場を映像から白物にシフトしました。>挨拶
そして何故か担当が掃除機とオール電化担当になってたべるくです。
ってかバイトにオール電化とかありえないしw アホ店長、ノリで決めすぎだろw


hida201003t11.jpg
もう春になっちゃいましたが、「冬の終わりに、0泊2日で行く飛騨の旅!」と題しまして、冬の白川郷と飛騨高山への一人旅をつらつらと書いてきました。
今回で最終となる第4回は、【高山編・弐】です!

前回までのあらすじを簡単に説明しますと…

○3月7日夜、雪の白川郷が見たいと思い立って、8日の高速バスを予約して高山経由で白川郷へ
○その日、白川郷から高山までのバス車内で携帯を忘れたまま三河の自宅へ帰宅
○翌9日も休みだったので、18きっぷを使って高山に携帯を取りに行き、ついでに高山を観光


という感じです。0泊2日の意味がお分かりでしょうかw
それでは、今度こそ高山の古い町並みを散策しますよ!

【冬の終わりに、0泊2日で行く飛騨の旅! 前回までの記事】
白川郷編・壱白川郷編・弐高山編・壱

【関連リンク(■)・過去記事(□)】
高山市公式ページ
今更ながら、秋の高山(2006年10月・秋の高山祭のお話)


古い町並みと一くくりに言われますが、まず大まかに言うと、国道158号(安川通り)を境に南が三町伝統的建築物群保存地区、北が下二ノ町大新町伝統的建築物群保存地区と分かれます。
なお、高山市観光情報のマップ(pdfファイル注意!)をご参考にご覧下さると幸いです。

まずは写真の中橋の近くにある三町(さんまち)地区へ行ってみましょう!


hida201003t22.jpg
こちらは上三之町です。
高山の古い町並みと言えば、おそらくここの写真が使われるであろうほどの有名な場所だと思います。
しかしながら、雪の古い町並みというのは、検索しても意外に出てこないものなんですよね。(検索の仕方が下手…ということではないと思うのですがw)

しかしこの日は平日に加えて寒波の影響もあってか、人は少なめ。
お陰で、のんびりと雪の古い町並みを堪能できました。


hida201003t13.jpg
雪はかなり降ってましたが、地元の方々が用水に雪を捨てていただいていたので、歩きにくいことはなかったです。
それに加えて、人が少ないと一人でも臆することなく町並みをゆっくり散策できるので、本当によかったです。


それでは次に、下二ノ町のほうへ行ってみることにしましょう。


hida201003t14.jpg
国道158号(安川通り)を越えて宮川沿いを歩くと、宮川朝市が開かれる道路があります。
もちろん朝市は朝早いので、私が行ったときは既に終わった後。

でも頭上に横断幕があるので、ここが朝市の場所だとすぐに分かるようになってます。


hida201003t15.jpg
そしてそのすぐ横を流れる、高山市の有名な風景の1つである宮川。

雪化粧した川原もさることながら、着雪した樹木がまるで雪の花を咲かせたかのようで、とても美しい風景でした。


そしてしばらく歩いていくと、今度は下二ノ町地区へ差し掛かってまいりました。

hida201003t16.jpg
こちらまで来ると、観光客の姿は激減。皆さん上三之町だけで古い町並み堪能したとか思っちゃってません?w
せっかく高山まで来たのに、なんかもったいないなぁ、と思ってしまいます。

下二之町には、有料ですが中に入れるお宅もあって、町並みを楽しむだけじゃなくて建築そのものを楽しみたい場合はこちらのエリアに来ることをオススメします。
私は1人だったこともあって、ブラブラしただけでしたが(苦笑)


それに下二之町エリアには、高山の観光にとって切っても切れないものがあるじゃないですか!


hida201003t17.jpg
それはこの桜山八幡宮
そう、この神社の秋のお祭り(例祭)こそが、秋の高山祭なんですよ!!
なので、境内には高山祭屋台会館(有料)があります。

「桜なのに秋祭りかよ!」というツッコミはさておき、この風景、ステキじゃないですか?
森の中の神社と、参道に降る雪…。
日本の「美」がここにある、なんてちょっと意味不明なことを言ってみました。


ちなみに、春の高山祭である例祭が行われる日枝(ひえ)神社には行っておりません(苦笑)
三町エリア側にあるのですが、地図を見る限りだとちょっと距離がありそうですしね…。


hida201003t23.jpg
ちゃんと桜山八幡宮は参拝してきましたよ。
巫女さんが境内の雪かきをしてる中、あえて雪が積もったままの場所を雪を踏みしめながら。

神社というのは神域で、それだけでも身が清らかになる気分ですし、雪が全てを覆い、白く染め上げていく風景に更に心が洗われます。


…はい、そんなところで八幡宮を参拝したべるくは、三町エリアに戻りつつ、途中の安川通りにあった高山ラーメンのお店で昼食をとり、またしばらくブラブラしていました。
いや、本当に雪の高山は飽きないですよw


hida201003t19.jpg
そうそう、それで駅に向かう途中のことなんですが、商店街の店と店の間に挟まれて、小さい神社がありました。

このいじらしい風景に、やけに心惹かれてしまい、何となく撮影していました。


hida201003t20.jpg
というわけで、およそ4時間弱の高山観光を終えて、帰りはちゃんと18きっぷで普通列車に乗って帰りますw
高山では高校生(残念ながら女子ではなかった)に囲まれながら、4人掛けボックスシートを1人で占領して、のんびりと終点・美濃太田まで行きました。
(※もちろんそんなに混んでいないのでできる芸当です)

高山線の駅間は長めで、普通列車でもそんなにストレスを感じなかったなぁ…と今振り返るとそう思います。
実際、高山14:45発→美濃太田乗り換え→岐阜18:02着と約3時間でしたが、一方の特急ひだでも2時間ほど。
はっきり言って、高速バスよりはるかに普通列車のほうが居心地がいいですw

最後に、途中の駅の風景の写真をご紹介して終わりにしましょう。


hida201003t21.jpg
こちらは高山から2駅目の久々野駅。
ちなみに2駅なのに15分ほどかかっていますw

そしてこの雪景色。
整備されまくった高速道路を走る高速バスではおよそ感じることができない、近い距離での雪景色。
鉄道の魅力は、やっぱり「点と点」を結ぶだけのバスと違って、「線」で旅全体を楽しむことが出来ることにあるんじゃないのかな…と思います。
たぶんこれから高速バスは必要最小限でしか乗らないなぁ。


はい、そんなところで冬の終わりの飛騨の旅はこれにて終了。
今度は次の冬に、本格的に雪が降ってる頃に行きたいです。が、寒さに負けそうな気もしますw
関連記事
[2010.04.02(Fri) 01:38] 2010年のおでかけTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 飛んでっけええええええ | TOP | 春の風

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/873-beaf2c92
 ← 飛んでっけええええええ | TOP | 春の風

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。