-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2006-12-27 01:53

今更ながら、秋の高山

のだめカンタービレ、最後のベートーベン交響曲第7番に感動。>挨拶
やっぱクラシックもいいですね。

ところで、去る10月9日の話ですが、議員の後援会旅行で高山に行ってきまして。

2006_1009AA.jpg市内を流れる宮川

観光はほとんどしなかったんですが、高山祭りの日に行ったってこともあり、1時間ぐらいの自由時間にパッパッと市内見物してきましたんです。

てなわけで、今日はネタがないので高山の写真をつらつらと並べてみましょうか!!

2006_1009AC.jpg2006_1009AE.jpg
前述の通り、この日は高山祭。山車が出されていました。

2006_1009AF.jpg2006_1009AG.jpg小川の流れが雰囲気を醸し出します。

2006_1009AI.jpg2006_1009AJ.jpg
2006_1009AK.jpg2006_1009AM.jpg
高山の古い街並み。そして右下は、東海地方のニュース番組の天気予報の時とかによく映される、朱色の「中橋」です。

情緒ある雰囲気、飛騨の小京都は伊達じゃありません。
高山はいいところですね。
ただ、小走りで回るとすぐ終わってしまいますので、ゆっくりと観光することをオススメします。
私みたいに、スーツで1人歩き回ってさっさと見て回らないようにw

そんな高山への行き方ですが、正直列車でいいと思います。

2006_1009AP.jpg2006_1009AO.jpg
つまり東海クオリティ満載の特急ひだで行くといいですよ!、ってことですw
(写真は高山駅)
ちなみに車ですと東海北陸道で飛騨清見IC。かなり便利になりましたね。
ただ、いい景色をゆっくり見て行きたいなら、国道41号(高山線沿い)か156号(東海北陸道沿い)+158号をひたすら走るのもいいかもしれません。

<関連リンク>
高山市観光情報
JR東海・飛騨路フリーきっぷのご案内
県立斐太高校ホームページ(「白線流し」が行われることで有名な高校)
関連記事

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル:地域情報

  1. 2005~2006年のおでかけ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。