TOP > 冬の終わりに、0泊2日で行く飛騨の旅!【白川郷編・壱】
 ← 速報! JR武豊線が電車になるって! その他最近のJR東海ネタなど | TOP | お待たせしました。更新再開です。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 冬の終わりに、0泊2日で行く飛騨の旅!【白川郷編・壱】 

2010年03月18日 ()
〔2012.1.20 画像表示方法変更〕

美容院に行ってから初出勤だったのですが、なんか女性陣からの髪型の評判がいいです。>挨拶
まあ、おばちゃんからの評判ですけどね。べるくです。
ちなみに美容院は3年ぶりでした(苦笑)


高速バス「ひだ高山号」(拡大なし)
今回はタイトルの通り、岐阜県は飛騨高山・白川郷へと気ままに旅をしてきました!
というのも、「雪がある白川郷に行ってみたい!」という理由だけなんですがw

最近暖かくなってきたし、白川郷の雪も溶けてるかな…と思いきや、白川郷ライブカメラを見るとまだ結構白い!
こりゃ行くしかないなと思い、7日(日)夜にネットで高速バスを予約しまして、8日(月)に行ってきました。


hida201003s02.jpg
名鉄バスセンターから高速バスに乗って、一路高山へ。
白川郷までの高速バスもあるんですが、冬季(12月~3月)は運休だそうで、いったん高山まで行き、高山から路線バスで白川郷へと向かいます。

写真は、ひるがの高原付近。
しばらく寝てて、起きたら真っ白だったのでびっくりしましたw


実はべるくにとって、今回が初の高速バス旅行。
バスは確かに安い。名古屋~高山が往復5000円は安いです。
でもね…1回乗ったら飽きました(;´Д`)
列車は飽きないんだけどな…なんででしょう? 狭いからかな?


hida201003s03.jpg
名古屋から約2時間半、バスは高山に着きました!
高山駅横の濃飛バスセンター(写真右上)から、白川郷へ向かいます。
ここで50分ほど時間があったので、高山を早歩きで散策。

ちなみに高山から白川郷までは往復4300円。名古屋~高山の高速バスと同じぐらいですw

その代わり(?)、白川郷にある「合掌造り民家園」の入場券とセットになった切符が4500円で売ってます(写真右下)。
別々に買うと4800円なので、ちょっとお得になってますね!


hida201003s04.jpg
高山からまたバスに揺られること約1時間、いよいよ白川郷に到着!

さあ、白川郷はまだ白く染まっているのでしょうか…?



【関連リンク(■)・過去記事(□)】
高山市公式ページ
白川村公式ページ
07th Expansion(白川郷が舞台モデルのゲーム「ひぐらしのなく頃に」製作サークル)
白川郷訪問譚 ~ひぐらしのなく里へ~(2006年8月のお話)
白川郷訪問譚2・さくら舞い散る頃に(2007年5月のお話)
今更ながら、秋の高山(2006年10月・秋の高山祭のお話)

とりあえず、ぶらぶらと歩いていると…。


hida201003s05.jpg
そんなに白くないけど、なんかかまくらができてたー!!
本物初めて見た!! すげー!!

これは積もった雪に穴を開けただけなのか、わざわざ集めたのか分かりませんが、とにかく圧巻でした。


ちなみに写真に写ってるのはツアーと思しき中国人ども。
はっきり言ってマナーも悪くてうざかったです。マジで自重しろよ…

そんな中国人どもから離れて、ゆっくり冬の白川郷を堪能しましょう。


hida201003s06.jpg
雪はだいぶ溶けて、白川郷にも春の雰囲気が現れるちょうど直前の頃。
雪は降っていませんでしたが、これはこれで歩いていて楽しいものでした。

それに、溶けてきているといっても、愛知県人の私にとっては雪があるってだけでワクワクしますしね。


hida201003s07.jpg
しかし豪雪地帯というのを実感するほどの雪が、田んぼの上に積もっていました。(写真左下)

こちらは4枚とも国指定重要文化財・和田家の周辺の風景。
「ひぐらしのなく頃に」の園崎家ですね。(詳しくは過去記事参照)


さて、「ひぐらしのなく頃に」と言えば、やはり外せないのは白川八幡神社


hida201003s08.jpg
土の上だからなのか、人が入らないだけなのか、何故かとにかく雪が残ったままでした。参拝するのも一苦労(苦笑)

ちょっとすべったりしつつも、雪に埋もれる神社という新鮮なシチュエーションにテンションも上がります。


と言いつつ、1月の北陸旅行でも雪の神社に参拝してるんですけどねw

今回は「ひぐらし」の舞台探訪するつもりはあんまりなかったんですが、白川郷に来たら必ず八幡様のご加護を頂いています。デフォルトです、はい。
でも何回来てもいいところです。それに雪の八幡様もいいでしょ?w



さて、位置や順序がバラバラですが、和田家から少し北のほうに向かうと、白川郷ならではの光景が見られました。

hida201003s09.jpg
そう、茅葺屋根の葺き替えですよ!

でも、こちらは結(ゆい)で地元の皆さんが協力してやるのではなく、業者さんに頼んでやってもらってたような感じでした。
茅も、自動はしごで上下してましたしね。


最近の大掛かりな葺き替えと言えば、確か長瀬家だったと思うのですが(今回訪問しました)、大きい家だと何百人もの人が屋根に上って作業をするというその葺き替え、是非一度は生で見てみたいものです。

その長瀬家で葺き替えのパネル展示を見たり、ネットで少し調べてみたのですが、結で行っている葺き替え、最近は世界遺産ということもあってボランティアの人も参加してますが、実際この金額が一千万は下らないらしい…。
つまり、結という地元住民の共同作業には、少なくともそれだけの価値があるということ。

もちろんボランティアも含め、お金に換算できる価値ではありません。
人や茅の調達、日程調整など、様々な問題があるかと思いますが、今後とも日本人が「結いの精神」を忘れずに持っていてくれることを願わずにはいられませんね。


さて、そんな白川郷でちょっと面白いと言いますか、個人的にツボだった建物がこれ。

hida201003s10.jpg
そう、合掌造りの車庫ですw

「白川郷なんだから当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、なんか個人的にこの風景のミスマッチといいますか、むしろ現代にも合掌造りがマッチしているといいますか、どちらにしても合掌造りが今も生活に根付いているというのを感じたような気がします。



さて、なんだか思ったよりレポが長くなりそうなので、【白川郷編・弐】として次回に続けることにします。
白川郷で2回、高山で2回(予定)の計4回になるかな。
春が来るまでの間、雪の白川郷・高山の景色をもう少しだけお送りしますね!

続きはこちらから


【よきょう!~白川郷の写真をモノクロにしてみた~】

hida201003s11.jpg
何を思ったのか、ふと「白川郷の写真をモノクロにしたら昔っぽくなるんじゃないか?」という単純なノリで、フォトショを使ってモノクロにしてみました。

なんていうか、自分が思った以上に雰囲気が出ててびっくりです。(自画自賛)
「これ昭和中期に撮影したんだよ」って言われたら、結構信じちゃうんじゃないでしょうかw

と言いつつも、なんか写真が綺麗すぎる気がしないでもないですけど…
関連記事
[2010.03.18(Thu) 01:49] 2010年のおでかけTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 速報! JR武豊線が電車になるって! その他最近のJR東海ネタなど | TOP | お待たせしました。更新再開です。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/862-a91fbd42
 ← 速報! JR武豊線が電車になるって! その他最近のJR東海ネタなど | TOP | お待たせしました。更新再開です。

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。