TOP > 冬の北陸一人旅2010!Ⅴ【雨の金沢散策編】
 ← 冬の北陸一人旅2010!Ⅵ【さよなら寝台特急北陸・急行能登編】 | TOP | できないことは問題ではなく、何故できないかを考えないのが問題だ

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 冬の北陸一人旅2010!Ⅴ【雨の金沢散策編】 

2010年02月10日 ()
〔2012.1.21 画像表示方法変更〕

金沢美人ってのは結構ガチかも。>挨拶
秋田と同じくかわいい子多いなと思ったんですが、噂による先入観でしょうか?w べるくです。
そういや能登かわいいよ能登も金沢だ。


hokuriku2010_408.jpg
さて、北陸一人旅シリーズの第5回目ですが、今回は金沢市街を歩いてみました。
写真はがんばりすぎの金沢駅。

ただですね…この日は金沢市内に入ってから雨が強かったんですよ。しかもボストンバッグ持ったままでした。
せっかく雪の金沢を見ようと思ったんですが、雪も解けちゃって、雨に濡れて体力も消耗し、正直1時間半歩いただけです。許してください(つД`)
ついでに言うと、朝8時ごろにパンを1個食べただけで空腹の上、前日の睡眠時間もゼロだったんです(苦笑)


【関連リンク(■)・前回までの記事(□)】
金沢市観光協会ホームページ
金沢城と兼六園ホームページ
冬の北陸一人旅2010!Ⅰ【「よみがえる空」の舞台・小松プチ散策編】(2009.1.29)
冬の北陸一人旅2010!Ⅱ【北陸鉄道石川線・廃線探訪編】(2009.1.31)
冬の北陸一人旅2010!Ⅲ【加賀国一宮・白山比め神社参拝編】(2009.2.2)
冬の北陸一人旅2010!Ⅳ【北陸鉄道乗り潰し編】(2009.2.7)

前回、北陸鉄道野町駅まで来た私は、野町バス停から兼六園下バス停まで移動。
ICa大活躍でしたw


hokuriku2010_501.jpg
こちらは兼六園入り口。
残念ながら、兼六園は雨ということもあって華麗にスルー(苦笑)
また次回、金沢市街をしっかり散策する時に来ます。


とりあえず金沢城の周りだけ歩いてみました。

hokuriku2010_502.jpg
こちらは国重要文化財・石川門
雪吊りと一緒に写したのはいいものの、雪が無いしブレてるし、全然ダメですねw
でもこういう風景はいいなぁ。


hokuriku2010_503.jpg
その石川門を色んな角度から。
残念ながら金沢城は焼失、土地転用などで、その広い敷地と幾つかの門と櫓に面影が残るのみになっていますが、やはり少しでも昔から現存する建築があるほうが嬉しいですよね。
(ただし石川門も公園整備の際に修復されてきれいになってました)

道路の上に架かっている橋は石川橋。お堀があった頃は土橋だったそうですが、明治期にコンクリート橋になり、平成になって新しくなったそうな。
新しい橋の割には、ちょっとおしゃれで趣ある橋になってました。


hokuriku2010_504.jpg
っていうか、金沢城址ってつい10数年前まで金沢大学があったんですね。知りませんでした。
どおりで色々新しいわけだ。跡地を県が国から買って、公園として整備したってHPにありましたから。


hokuriku2010_505.jpg
ただ、石垣はやっぱり立派。
「色んな種類の石垣がありますよ~」とどこかに書いてあったんですが、もうそれどころじゃなかったw

と、金沢城公園はあくまで公園でしたが、悪くは無い…かな?


hokuriku2010_506.jpg
お城の周りを歩いていると、石川四高記念文化交流館に辿り着きました。
明治期に設立された旧制第四高等学校の校舎が、戦後金沢大理学部、裁判所、資料館を経て、石川文学記念館になり、そのまま使われているとのこと。もちろん、国指定重要文化財。
はっきり言って、個人的には金沢城よりも盛り上がったような気がしますw

「そういえば、『坂の上の雲』(NHKスペシャルドラマ)の陸軍大学校に似てるなぁ」と思ってたんですが、そっちは熊本大学五高記念館
ほぼ同一の設計で同時期の建築だから、似てるのは当然と言えば当然でしたね。
今度は中に入りたいなぁ。



hokuriku2010_507.jpg hokuriku2010_508.jpg
お次は尾山神社
加賀藩前田家の祖・前田利家公(と、お松の方)が御祭神だそうですが、創立は意外にも明治6年とのこと。
だから神門がこんなことになってたんだ…w

そしてアニメ「よみがえる空」第4話『大切な人』で、一宏とめぐみが金沢デート中に喧嘩したシーンの中で、学生が地震の募金をしていた場所ですね!(一応舞台訪問も兼ねてたことを今の今まで忘れてた自分…)


ちなみに神門はお雇い外国人さんが設計した避雷針も兼ねてるそうで、日本最古の避雷針だそう。そしてこの神門も国指定重要文化財。
レンガ造りなのに楼閣、そしてそれが神社にあるというまさかの和漢洋三折衷…こういうカオスさも明治建築の魅力なんですよね。ファンにはたまらん一品ですw


hokuriku2010_509.jpg hokuriku2010_510.jpg
最後はぶらぶら歩いてるときに撮影した風景。
左は近江町市場辺りだったかな? この写真だけみるとすごく京都っぽいw
北陸の小京都は伊達じゃないなぁ。

また、右は浅野川大橋近くの金沢文芸館
旧石川銀行橋場支店で、べるくが大好きな昭和初期の建築。国登録有形文化財だそうです。現在は文芸愛好家の交流サロンなどがあるそうな。
べるくは本は好きですが、本についてうんちくは語れないですw 建物の中だけ見せてくださいw


さて、こうして歩いているうちに夕方5時を過ぎ、暗闇と雨とでべるくは限界を迎えました。
本当はもっと色々な見て回りたかったんですが、さすがに1時間半では無理がありました…(苦笑)
まあどうしようもないので、女子高生を満載したバスに乗ってなくなく金沢駅へ向かいました。女子高生に深い意味はありませんが、やっぱりこっちの女子高生はタイツ履いてる子が多いですね。(←疲れてる割にはしっかり見てる人)



hokuriku2010_511.jpg
当然1時間半の散歩で金沢を知った気には全然なれませんでしたが、とりあえず金沢に来たし、名物を食べようと思って駅ビル?みたいなとこでハントンライスを食べました!w
最初は「オムライスに白身魚のフライが乗ってるだけだよね」と思ってましたが、デミグラスソースとタルタルソースの組み合わせが意外に良く、また今回は「よくばりハントンライス」ということでエビフライも乗ってました。
味も、ここは割とおいしかったです。(べるく的には、普通に食べれる=おいしいという基準です)

でも、Wikipedia見ると若者の知名度はあまり高くないとか言われてて、じゃあ自分は一体何なんだよと思いましたがw


というところで、食後は北鉄浅野川線乗り潰しをしてすぐ戻ってきて、金沢駅から西金沢駅に少し戻って乗り潰しをし、そのまま富山県高岡市のホテルへ向かいました。
そしてチェックイン後、すぐ金沢駅へ引き返します。

てなわけでいよいよ次回、この春消えゆく夜行列車をご紹介!
【さよなら寝台特急北陸・急行能登編】を期待せずにお待ち下さい!

→続きはこちらですよ!
関連記事
[2010.02.10(Wed) 02:25] 2010年のおでかけTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 冬の北陸一人旅2010!Ⅵ【さよなら寝台特急北陸・急行能登編】 | TOP | できないことは問題ではなく、何故できないかを考えないのが問題だ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/832-23ecdb78
 ← 冬の北陸一人旅2010!Ⅵ【さよなら寝台特急北陸・急行能登編】 | TOP | できないことは問題ではなく、何故できないかを考えないのが問題だ

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。