-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2008-02-13 11:27

【訃報】またも訃報、今度はお世話になった大学の教授が…

【22:00 南山大学公式発表リンク追加】
【08/2/18 追記】

知ってる人の訃報をテレビで聞くのは初めてです。>挨拶
こんにちは、べるくです。今回は緊急で更新します。
というのも、大学時代にお世話になった母校の教授が事故死されたからです…。


■大学教授の男性 2度目のひき逃げで死亡
12日夜、名古屋市千種区で車にはねられて倒れていた男性をさらに別のワンボックス車がはねて男性を死亡させた上、そのまま逃走するひき逃げ事件があった。
(中略)
男性は近くに住む南山大学教授・櫻井進さん(51)で、病院に搬送されたが、約1時間後に外傷性ショックにより死亡した。
逃走したワンボックス車の色は不明で、東に走り去ったという。
警察では、死亡ひき逃げ事件としてワンボックス車の行方を追っている。
(ソース:中京テレビHPニュースより。但し既にリンク先になし。なお、轢き逃げした2台目の車の運転手はこの後逮捕されています)
【その他報道】
中日新聞:おくやみ
時事通信


櫻井先生は人文学部の教授で、法学部だった私とは、本来なら縁がない方でした。
しかし、私が大学後半にやってたドットジェイピーでインターンの募集をしている時、櫻井先生の授業で告知をさせてもらえないか聞いたところ、快く了承してくださったのです。
以来、何度かお世話になったうえ、告知だけだった授業にずっと居座って話しを聞いたりしていました。
先生の考え方や感性がとても共感できるものだったので、元々法学の授業より人文系の授業が好きな私は、法学そっちのけで先生の話を聞いていましたw

それが、今回のように轢き逃げで亡くなられるなんて、ショックで仕方がありません…。
先月のクラスメイトの訃報といい、今年は何か嫌な訃報を聞いてばっかりです。

櫻井先生のご冥福をお祈りいたします…。


【追記】
15日金曜日がお葬式でしたが、結局私もバイトの時間を遅くして、名古屋の守山区の葬儀場まで参列しに行ってきました。
会場に入らないほどとても多くの方、特に学生が多く参列していて、櫻井先生を見送りました。
不慮の事故でしたが、あれだけ多くの方に見送られて、先生もきっとよろこんでいらっしゃることでしょう。
改めて、先生のご冥福をお祈りいたします。


■南山大学公式発表:櫻井進教授逝去について
関連記事

テーマ:日記
ジャンル:日記

  1. 長文雑記・自己紹介
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

私もお世話になったひとりです

まことに残念というほかありません。
なお、通夜は明日、葬式は明後日となりました。
詳しい情報は南山大学HPに記載されています。
あなたがここで先生を取り上げたことに深い感謝を申し上げます。
  1. 2008-02-13 21:46
  2. URL
  3. 通りすがりの南山OB #-
  4. 編集

本当に残念です

>通りすがりの南山OBさま
コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、本当に残念で仕方がありません。まだまだ現役で活躍されるはずだったのに…。
これから私たちが先生のことを忘れないことが、亡くなられた先生に対するせめてもの出来ることかなと思います。

それと南山大の公式発表の情報を頂き、ありがとうございました。
記事を書いたときは発表が無かったのでしたが、先ほど確認できましたので公式HPへのリンク追加させてもらいました。
  1. 2008-02-13 22:07
  2. URL
  3. べるく #-
  4. 編集

単位交換でお世話になりました

わたしも東三河に住んでいる者です。
大学は異なりますが、単位交換で桜井先生の授業を聴講しました。
一度研究室にもお邪魔して、お話しをさせてもらったこともあります。
最近、論文をお出しになっていないようでしたが、新作を期待していただけに、残念でなりません。
それ以上に、部外者のわたしも研究室に迎え入れて下さり、気さくにお話し下さった先生が亡くなられたと思うと、とても悲しいです。
またおいで、とおっしゃって下さいましたが、もう叶いませんね・・・
ご冥福をお祈りいたします。

明日のお通夜は出席したいと考えています。
  1. 2008-02-13 22:23
  2. URL
  3. たかじょう #LkNwix1U
  4. 編集

私もお世話になったひとりです

べるくさん
素早い対応をされたと思います。リンクを張ったことで先生とお別れできる人が増えることでしょう。
私も明日、明後日と参加したいと思っております。
なお、コメントを拝見いたしましたので自分のわかる範囲でお知らせいたします。
櫻井先生の遺稿となったものは次の雑誌です。
『現代思想 7月号』第35巻 第8号(2007年)青土社
「大名古屋論 ポスト フォーディズム都市の行方」

心からのご冥福をお祈り申し上げます。


  1. 2008-02-13 23:45
  2. URL
  3. 通りすがりの南山OBさま #-
  4. 編集

>たかじょうさま
コメントありがとうございます!

私も数回研究室におじゃましましたが、先生のあの誰にでも優しく、笑顔で接してくれる態度が、すごく好感のもてる方でしたね。
こうして、他大学の方にも慕われていたということはとても喜ばしいことだと思います。
そしてやはり亡くなられたのは残念です…。

>通りすがりの南山OBさま
何度も情報をありがとうございます!
私も仕事がなければお葬式に出たいのですが…こうなったら休みをとってしまおうかと思ってます。

改めて、先生のご冥福をお祈りいたします。
  1. 2008-02-14 10:58
  2. URL
  3. べるく #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。