-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2007-11-15 03:52

国道1号と東三河環状線が立体交差化工事中

〔※2011年3月完成したレポをお探しの方はこちらからどうぞ


来年の洞爺湖サミットのロゴ投票数が微妙すぎて笑ったw>挨拶
ロゴマークが投票で絞られるみたいなんですが、そもそも215点の選択肢という時点で多すぎですから!

さて、今回はすんごくローカルなネタをお届けいたします。
たぶんこのブログを見ている方の9割は分からないと思いますが、それでも載せますw
それがべるくクオリティ!!



拡大地図を表示
豊川市にある、ここの国道1号と県道31号(東三河環状線)が交差する「京次西交差点」
現在やっとここを立体交差化する工事が行われています!


クリックで拡大
こちらが京次西交差点。手前から奥にあるのが県道31号、左右を縦断するのが国道1号です。
ここ、いっつも渋滞してるんですよね~。特に朝と夕方はひどいです。
それが、県道31号が国道1号を乗り越える形で立体交差化することになりました。

クリックで拡大
まずは橋脚から造成中。
もともと立体交差の準備工事自体はされていたので、サクサクと工事も進んでいる模様です。
やっぱ国道が絡んでくると進捗具合も違いますねw


それにしても、東三河地方で豊橋と豊川は比較的変化が多くて楽しいんですが、それ以外の場所ですとあんまり変化がないというか、良い意味でも悪い意味でも田舎なので、扱いづらいですね(苦笑)


クリックで拡大
そんな豊川市でのネタがもう1つあるのですが、この写真、よくご覧ください。
市役所付近の姫街道では電線の地中化工事が進んでいて、体育館前の信号付近では電線が全くありません
電線が無いと、そらがすごくすっきりして見えます。
人間の造った物も悪くないですが、これが本来あるべき風景なのかもしれませんね…。


<というわけで久々に東三河の地元ネタでした>

→東三河環状線の状況報告の続編はこちら(2010年4月)
関連記事

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル:地域情報

  1. 東三河地方の地元ネタ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。