TOP > 飯田線スタンプラリー制覇の旅・完結編(1) ~終わりの始まり~
 ← 沢尻エリカが原因か知らないけど、「様」なんて二次元以外で気安く使うんじゃないよ | TOP | 【緊急えりりん速報】イッポウで枝里子嬢がニュース読んでた!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 飯田線スタンプラリー制覇の旅・完結編(1) ~終わりの始まり~ 

2007年10月01日 ()
ドヴォルザークは鉄ヲタだったんだって!!(某情報筋より)>挨拶

※アントニン・ドヴォルザーク(1841~1904):チェコの作曲家

こんばんわ、べるくです。
ちなみに情報筋は「世界の車窓から」ですwww

遅くなりましたが、いよいよ最終章。

飯田線の旅2007最終章
「飯田線スタンプラリー制覇の旅・完結編」をお送りしたいと思います。

ふとしたことから、鎚鋸氏とでかけることになった、このスタンプラリーコラボ企画。
8月に行けなかった駅を制覇すべく、去る9月5日に行って参りました!
当初1日で行けるかなと思ってたら、飯田線のそのローカル具合路線長に思ったより苦戦し、結局足掛け2日間となりましたが、その分飯田線の魅力を十二分に満喫できたのではないかと思います。

というわけで、今回は「どうせなら、やっぱ始まりは始発の豊橋駅から」という鎚鋸氏の貴重な意見もあり、前回の豊川ではなく、始発駅の豊橋からスタートです!

【関連過去記事】
そういえば飯田線全通70周年ですよ?(07.7.12)…一番最初にスタンプラリーの話が出た記事
【コラボ企画題3弾】飯田線スタンプラリー制覇【企画案】(07.7.16)…企画案
   ⇔鎚鋸氏の記事
その1(07.8.20/豊川から飯田を過ぎて、元善光寺まで)
   ⇔鎚鋸氏の記事・その1
その2(07.8.21/元善光寺からいろいろあって駒ヶ根まで)
   ⇔鎚鋸氏の記事・その2
その3(07.8.22/駒ヶ根から北上して終点・辰野まで)
   ⇔鎚鋸氏の記事・その3

【豊橋駅出発~第1目的地へ】
上の写真では特急伊那路号を撮りましたが、今回も18きっぷを使ったため、当然伊那路はスルー。
豊橋駅にて(クリックで拡大)
とりあえずまずは腹ごしらえ。朝食を欠かすことは一日を無為に過ごすに等しい!w
てなわけで、鎚鋸氏はきしめん(久々らしい)、私はモーニングセットで朝食。
いやしかし、朝からきしめん(しかもかなり濃いしょうゆ味)は凄いですね鎚鋸さん。

そうそう、そういえば東口の入り口付近で何か変な格好でチラシ配りしてた人がいたんですが、「導火線*街角掲示板」っていうチラシ配ってましたので、ネタとしてもらってきました。
よく見ると「個人がつくるフリーペーパー」らしく、また読者投稿チラシでもあるみたいです。
豊橋駅東口で朝6~9時に配布してるみたいですが、東三河人で見たことある人結構いるかな?

そんなところで朝食を食べた後、9時19分発の本長篠行きに乗車、旅が始まります。

東海道の313系(クリックで拡大)
グッバイ東海道線。私たちは北へ、東海道線は西へ進んでいきます。
そして列車は豊川駅で一気に人が減り、そこで着席することができました。

夏なのに、ちょこれ~と(一応クリックで拡大)
着席したら、いよいよ旅モード。
豊橋駅のベルマート(キオスクみたいなの)でお菓子とか買ったんですが、鎚鋸氏に触発されてフラン・アロマティエ購入。ちなみに私がバニラ、鎚鋸氏がストロベリー。
結果は…とりあえず暑い時期は早めに食べたほうがいいという当たり前の教訓を覚えましたw
味はストロベリーのほうが良かったかな。バニラはちょっとくどかった気がしなくもないです。

そんな菓子談義とかしながら、最初の駅に到着です。

【14ヶ所目・東新町駅/桜淵公園】
※番号は前回からの連番です

東新町駅(クリックで拡大)
今回最初に到着したのは東新町駅
っていうかなんで新城駅じゃないんだろ?って2人とも疑問に思ってしまいましたが、一応ここも駅員配置駅。高校の最寄駅でもあり、この辺りも新城の市街地なので、駅は大きくないですが比較的乗降客もいるようです。
そしてスタンプの絵柄である、東三河では有名な桜の名所である桜淵公園もここが最寄駅。
ここの桜は「三河の嵐山」と呼ばれるぐらい、なかなか評判が良いので、一度春に来てみては如何でしょう♪

そういえば、駅付近の地図に「東新城駅」って書いてあったのですが、これは素で間違えてるのかな?w

こんどは南下します(クリックで拡大)
東新町駅の滞在は10:02~10:22の20分。駅近くのAコープに行ったら定休日だったので(苦笑)、なんとなくブラブラして時間を過ごしました。
そしてここからは、豊橋方面へと戻ります。

【15ヶ所目・三河一宮駅/砥鹿神社】
三河一宮駅(クリックで拡大)
東新町駅から15分ほど、運転席の後ろにかぶりつきしたりしながら電車に揺られ、三河一宮駅に到着です。
ここは豊川市に合併した旧宝飯郡一宮町の玄関駅。そして三河国の一宮(要は国で一番格式が高い神社)である砥鹿(とが)神社の最寄り駅でもあります。
駅舎も、その砥鹿神社を模して造られていますね。

東新町駅と同じ感じですが、こじんまりした駅舎は、昔ながらの面影を漂わせています。
しかしながら、どちらの駅も結構綺麗にされているので、居心地はいいですね。

この後は一気に北上するということで、我々はここで食料調達。
駅前にコンビニっぽい感じのお店があったので、そこでパンやお菓子、そしておばちゃんに半強制的勧められた特製サンドイッチなんかを買いました。

そんな感じで、平日に大の男が二人、田舎の駅でまったりくつろいでいる風景は、ある種異様でもあり、贅沢な休日でもあり、って感じです。
どちらも平日しか休みがないのもありますが、人がごみごみしてない、普通の風景を見れるのもオツなもんかと。

さらに北上を続けます(クリックで拡大)
三河一宮駅での滞在は、10:38~11:00と、こちらも20分ほど。ここからは飯田行きに乗車し、本格的に北を目指します。

ところでこの列車に乗ってみたところ…
ローカル線ならではの光景(クリックで拡大)
ウホッ! これはいい荷物室!!

※説明しよう!:荷物室とは…鉄道で小荷物を運ぶ場合、貨物や荷物車を使わず、車両の一部旅客スペースを荷物スペースにして荷物を運ぶという、鉄道合理化の象徴かつローカル線ならではの光景なのだ!

昔は(今もやってるかなぁ…?)東海道線の普通列車なんかでも、先頭か最後尾に荷物室やってたのを見たことがありますが、飯田線ではさも当然のごとくやられているので、思わず写真に撮ってしまいましたw

そんな普通・飯田行きですが、新城に着く頃には座ることができ、後は悠々自適に飯田線の旅を再び楽しんでいきます。

三河槙原駅途中下車(クリックで拡大)
途中、三河槙原駅で行き違いのためにしばらく停車したので、外の空気を吸おうとドアを手で開けて外へでました。
この三河槙原駅にある断崖の景色もさることながら、こうしてたまの長い停車時間に外に出てくつろげるっていうのが、ローカル線の楽しみの1つなんですよね~。

そして三河槙原を出て、列車は更に北上。
本長篠駅を過ぎた頃には本格的に山の中に入ってるんですが、どんどん人家も減って、自然だけがそこにあるような錯覚になったりします。


さて。
このまま、まだスタンプ押してない中部天竜駅で降りるんだろ?とお思いになるかと思うんですが、実は違います。
私たちは、中部天竜をスルーし、水窪も過ぎ、とある山間の駅に降り立ちました。

この駅は…?(クリックで拡大)
この写真だけで分かれば、あなたも立派な飯田線スキーですw

ひとまずここで一区切り。
次回はこの駅だけをピックアップして、続きをお送りします!

次回・完結編(2)に続く

関連記事
[2007.10.01(Mon) 02:16] 2007年のおでかけTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 沢尻エリカが原因か知らないけど、「様」なんて二次元以外で気安く使うんじゃないよ | TOP | 【緊急えりりん速報】イッポウで枝里子嬢がニュース読んでた!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/634-235fce42
 ← 沢尻エリカが原因か知らないけど、「様」なんて二次元以外で気安く使うんじゃないよ | TOP | 【緊急えりりん速報】イッポウで枝里子嬢がニュース読んでた!

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。