TOP > 今更ですが、新しいデジカメ買いましたよ
 ← 突発オフ行ってきます | TOP | 名鉄三河線の廃線部・旧三河一色駅に行ってきた

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 今更ですが、新しいデジカメ買いましたよ 

2007年08月27日 ()
【2007.8.29 写真差し替え】

バイト先の店長代理(50代)が鉄道のダイヤグラムを知ってた件。>挨拶
前に飯田線の計画してたら言われました。この人は一体…? べるくです。

本日は日曜夜ということで、皆さんお早めにお休みのことと思います。
というわけで今回はネタやレポは置いといて、まったりと新しく買ったデジカメのお話しをしたいと思います。

以前、7月14日の記事で「デジカメを買うかも」なんて話をしていましたが、実はその1週間後ぐらいに買ってしまいましてw

Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) DMC-TZ3 シルバーPanasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) DMC-TZ3 シルバー
(2007/03/09)
不明
商品詳細を見る

こちらの、パナソニック・LUMIX「DMC-TZ3」を購入しました。
ちなみに店頭で見た方もいらっしゃるかもしれませんが、「きみまろズーム」のやつですw
(※パナソニックの商品案内はこちら

前にも申し上げましたが、個人的に一番重要だったポイントとして、
○アスペクト比(縦横比)が16:9でも解像度を変えられるデジカメ
だったので、そうするとやはりパナソニックが有利でした。

そうするともうちょっと薄型のもあったんですが、こちらが光学10倍ズームができるのと、薄すぎないのできっと置き忘れとかしないだろうという先見でw、こちらに決めました。
一眼レフは高いので無理ですが、まあこれなら悪くないかな、って感じです。

そしてパナソニックでもう1つ特徴的なのは、広角28mmのレンズ
ここで実際に撮った写真で比較してみましょう。

今まで持ってたデジカメ
なぜか比較対象は、飯田線スタンプラリーで撮った元善光寺w
こちらは、今まで持ってた富士フィルムのF402。4:3の画像です。

パナソニックのほう
そしてこちらがDMC-TZ3。
同じ立ち位置で撮ったのですが、結構違いが出てますね。
アスペクト比16:9のまま撮ってしまったので、ワイド画面だからじゃねーの?とか思う人もいるかもしれませんが、あくまでアスペクト比というのは縦横比のことなので、パナソニックの広角28mmですと、これが普通に縦横比4:3の画像でも、比較的同じ幅の画像を撮ることができます。
画像を差し替えました。同じ4:3の画像で比較したほうが分かりやすいですね。
(ちなみに写真差し替えができたのは、10日後にまた元善光寺に行ったためw)

今のところ使っていて、気になる点はあんまりないですね。
起動もそんなに遅くないですし、
逆になかなかいい機能が多くあって、全体的な完成度は高めだと思います。

私が気に入った機能としては「トラベル日付機能」という、旅行用のモードがあるのがうれしい点だったり。
それに広角・望遠両方兼ね備えていて、コンパクトの割に機能が充実してるので、個人的にはいい買い物をしたと思います。


そんなわけで、私のレビューはあんまり参考にならないかもしれないので、以下に各所のレビュー記事リンク張っておきますね。
ITmediaのレビュー
ケータイWatchのレビュー
デジカメWatchの実写速報
関連記事
[2007.08.27(Mon) 02:29] デジタル関連Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 突発オフ行ってきます | TOP | 名鉄三河線の廃線部・旧三河一色駅に行ってきた

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/597-5ff1bb44
 ← 突発オフ行ってきます | TOP | 名鉄三河線の廃線部・旧三河一色駅に行ってきた

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。