2007-07-26 01:03

「らき☆すた」で燃え上がるヲタク的聖地巡礼論

まさかYahoo!ニュースで「らき☆すた」が取り上げられるとは…。>挨拶

そんなわけで、今日は2部構成でお送りする第1弾。
まずはこちらをご覧ください。

関東最古の神社にヲタク殺到、地元「治安の問題が…」
(Yahoo!ニュース、ソースは産経新聞らしい)

とりあえず関連リンク…
らきすたとは-Wikipedia
encountの記事
■関連過去記事:日経が取り上げるヲタク的聖地巡礼(05.10.10)

これが問題となっている場所の映像
この画像が問題の場所の1つなのですが、最近のアニメやゲームは、実在の場所を舞台や背景にした作品がかなり多くなってきてます。
当然、そうなればファンはそこを訪れるのは、TVドラマやロケと一緒の話だと思います。

私も中学生のころ、ドラマ白線流しに感動して、一人で松本まで行ったことがありました。
思えばあれが、舞台訪問の始まりだったのでしょうねw


さて、今回それが問題になった理由としては…
「アニヲタがキモい=怖い=治安悪化の懸念」
に尽きると思います。

私もヲタではありますが、確かにコアなヲタというのは、リュックに一世代前の服装など、ステレオタイプ的な人も少なからずいるかもしれません。そういう人には、私もドン引きです。
ただ、「ステレオタイプ的ヲタク=犯罪予備軍」という構図は、いささか偏見が入りすぎている感も否めません。


しかし一方、他のいわゆる「聖地」の中でも、比較的ヲタクを好意的に受け止める土地もあったりします
前の日経記事の話も参考にしていただけるとありがたいですが、広島県三次市同・尾道市長野県大町市などがあります。
他、有名な鎌倉・江ノ島とか、あと関西ですと兵庫県西宮市私も行った岐阜県白川村なんかも舞台になったりしていますが、こちらも言うほど騒がれてません。(無論、水面下で批判はあるでしょうが…)

しかし、「らき☆すた」が舞台となった埼玉県東部地方は、幸か不幸か、

○目的地が首都圏内に存在→遠足感覚で行けるので、必然的に訪問者が多くなる
○プラス、観光産業が成立しているとは言い難い→観光地なら写真を撮ってても不思議ではないが、このような郊外の住宅地で写真を撮ってると確かに不審。あと外部の人間への耐性もない
○秋葉原が首都のど真ん中にあるので、関東人のアキバ系への認知が高い分、評価は低い=最近の首都圏マスコミの偏向報道の影響も大きい?(まあ地方でもアキバ系は認知されてますけど…)

…と言った条件が重なっているのではと思います。


一人のヲタクとして言わせていただくと、TVドラマやロケの舞台訪問は良くて、アニメ・ゲームの舞台訪問が治安悪化を招くなどという論理は、筋違いでしょう。
人に迷惑をかけるというなら、韓流スターを追いかけて空港でギャーギャー騒ぐオバサンどもなんか、いい迷惑じゃないですか?
「ヲタク=犯罪予備軍」という方程式の解を、どなたか教えてほしいぐらいですw

しかし、各所でも言われているように、ヲタク側も自己満足で周囲を省みない言動は慎み、身なりを整えて行くぐらいは心がけるべきかと思われ。
(ヲタクでもそうしている人はいるはずですが…)
私も、普段は外見ぐらい普通にしてます(してるはずです)し、「他人から見たらどうなのか」というのは気にしています。

双方の歩み寄りが、何より大事だと思いますね。


ま、その辺を踏まえた上ですが、私もこの夏は「秒速5センチメートル」の舞台訪問@栃木県と、江ノ島・鎌倉周辺の舞台訪問を計画してますけどw

関連記事

テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック

  1. 二次元系ヲタ雑記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する