2007-06-06 07:47

nanaco登場とEdy対抗…電子マネーはどこまでも

最近FC2もサーバーが重いな…。>挨拶
午前3時に激重なんてもうバカかと。アホかと。

今日久々にセブンイレブンを使ったのですが、そういえば先日5月28日より、電子マネーnanacoが全国で使用開始されたということで、店でも大々的にアピールしておられました。
で、最初はパンフだけもらおうとしたんですが。

nanaco.jpg
気づいたら既に頂いておりました。

セブンアンドワイ系列が提供する流通系初の電子マネーらしいですが、すぐ後を追ってWAONなるイオン系列の電子マネーも登場してます。
EdySuicaを含めた4種のIC電子マネーが登場したこととクレジット決済のIC化も進んだことで、更にキャッシュレス経済が進行しそうですね。

ちなみに、iDPiTaPaQUICPayなどは同じICでもクレジット決済と同じポストペイ型なので、狭義的に言うと電子マネーではありません
(ただ、キャッシュレスである点は共通しているので、広義的には電子マネーになるかなとも思います。以後電子マネーは狭義の意味で使います)

で、電子マネーがこれだけあっても、結局「どう使うのか?」が一番のポイントなわけでして。
例えば首都圏ならSuica電子マネーが重宝しますし、サークルKが大量に存在する愛知県人にはEdyです。
ただ、WAONとnanacoは明らかに自社グループ囲い込み戦略のためのICカードなので、駅ナカなどで重宝されるSuica、全国展開だけど異業種が集まるEdyとは異質であることはお分かりいただけると思います。
ただ、それぞれが相互利用可能な端末を設置するような話は前に出てましたけどね。

ちなみにこれ以外でも、高松琴平電鉄のIruCa電子マネー伊予鉄道のい~カード電子マネーなど、ローカルエリア限定の電子マネーもあります。
基本的に鉄道会社のカードなのでSuicaと同じですが、こちらはどっちかって言うと地域振興が主体?っぽいです。特に松山は、以前のIC社会実験で観光スポットとの連携などをしていたので。
(ちょうどこの直後に松山行ったんだよなぁ…)

my_ic0706.jpg
なんだか6枚に増えたICカードです。あとどれぐらい増えるでしょ?
関連記事
  1. デジタル関連
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する