2007-05-30 00:12

どっかのエロい人が参宮線廃止を唱えている件について

まさかの連続鉄道ネタ。>挨拶
ついカッとなって連続更新です。まともな話をします。

とりあえずはこちらのニュースソースを。
「参宮線廃止、駐車場に」 赤福会長、式年遷宮控え提案
JR参宮線を廃止して1000台規模の駐車場を整備―。13年の伊勢神宮(三重県伊勢市)式年遷宮を前に、和菓子製造販売会社「赤福」会長の浜田益嗣(ますたね)・伊勢商工会議所会頭(70)が、予想される交通渋滞の緩和策として、こんな提案をしている。
実現可能性は低いとみられるが、地元市議がJR東海の松本正之社長に「存続」を訴えるなど波紋が広がっている。

omaeha.jpg

ぶっちゃけマジしばくぞと思ったんですが、そうするとただの鉄ヲタなので(まあ、実際そうですがw)、まあ反論は以下の点になるでしょうか。

1.駐車場を作れば市街地渋滞が増えるだけでは?
車の渋滞を緩和するための公共交通機関なのでは。

2.20年に1度の式年遷宮に対する費用対効果は?
20年に1度なら、列車の増発・増結を依頼したほうがいいのでは。

3.参宮線利用の交通弱者切り捨て?
参宮線は伊勢神宮に行くためだけのものではありません。つーか張本人も場合によっちゃ交通弱者のほうに入るだろ…。

4.JR東海は何のために参宮線に投資したのか?
国鉄からJRになった後、東海様は快速みえなる列車で近鉄に攻勢を掛け、事実、意外に効果があったはず。しかも新幹線重視の東海様が、結構早い時期に新型キハ75系も投入してます。
伊勢志摩地方のために尽力している(はず)の東海様に対してちと礼を欠いているのではないでしょうか。

5.他地域への考慮は?
今は伊勢市ですが、二見町エリア(夫婦岩があるところ)もどうでもいいという印象ですね、こうなると。
あと、快速みえの通過収入が結構大きい第三セクター・伊勢鉄道の減収は確実で、無論三セクですから赤字になれば自治体負担もそれで増すわけで、伊勢市だけの問題ではなくなるのではないでしょうか。

◎そもそも伊勢市の観光行政にビジョンはあるのか? そして伊勢市が一枚岩になっているのか?
(※参考ニュースはこちら
外部からの勝手な意見ながら言わせていただきますと、そもそも伊勢市自体がまとまってない気がします。
ちょいと前に伊勢市長が自殺しましたよね?
「死人に口なし」ですが、駅前再開発について地元国会議員(これが上の赤福会長とつながってる)側の案と食い違いがあるとかで脅されてたとか、色々噂が尽きないみたいです。

伊勢市としての短・中・長期それぞれの観光行政ヴィジョンは何なのか。
それを見据えて大同団結してやっていけないといけませんね。
とりあえずしばらく赤福買いませんのでよろしくお願いします。
あ、あと伊勢志摩へは是非公共交通機関で行きましょう。

まあ、我が東三河にも伊勢と同じことが言えなくはない街がありますけどねぇ…。

関連記事

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

  1. 東海地区の鉄道関連
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する