TOP > みちのく秋田旅行レポ ~超神ネイガー編&移動編~
 ← ひぐらしのなく頃に 目明し編其の四「仕返し」感想 | TOP | アニメFate・14話ED「ヒカリ」、ついに音源化!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク みちのく秋田旅行レポ ~超神ネイガー編&移動編~ 

2006年09月08日 ()
〔2007.6.26 記事移転に伴う不具合を修正〕

こんばんわ。べるくです。
さてさて、秋田レポもいよいよ最終回。

【シリーズ・みちのく秋田旅行レポ】
  →1.入門編①・田沢湖
  →2.入門編②・角館
  →3.実践編・湯沢市

まずはネタから参りましょう。
いきなりですが、皆さんは「超神ネイガー」をご存知でしょうか。

ネイガーPOP@田沢湖ハートハーブtohoku06sN_01.jpg
【超神ネイガー】
 日本海沿岸に広く伝わる来訪神「ナモミハギ」の伝承をモチーフとした、秋田発のオリジナル・ヒーローです。ナモミハギは大晦日や小正月に山から里へ下りてきて、人々の怠惰を諌め、来たる年に祝福を与えていく歳神(としがみ)様です。全国でも秋田県男鹿市の「ナマハゲ」は有名で、荒々しい振る舞いと大きな音で邪気を祓います。
 ネイガーの名前の由来は、『泣ぐ子は居ねがぁ!』『悪い子は居ねがぁ!』というナモミハギの叫び声から。秋田の正義と平和を愛する主人公、アキタ・ケン(秋田県在住・農業)は、悪の組合長セヤミコギ率いるホジナシ怪人たちと日夜戦いつづけるのです。(以下略)
秋田は燃えているか。
今、秋田で一番アツい奴。それが「超神ネイガー」なのである!!!

超神ネイガープロジェクト公式?サイト

それにしても、このサイト面白すぎですよw
マジで一度公式サイト見てください!!!

武器がきりたんぽ型の剣「キリタン・ソード」とか、秋田県マップがドラクエとか、ネタというか、かなり作りこまれた壮大なネタになっていますw

ネイガーストラップ
ちゃんとストラップ買ってきましたが何か?

そんなわけで皆さんも、秋田の地産地消ヒーロー、「超神ネイガー」をどうぞ応援よろしくお願いいたします!!


さて、移動編に移りましょうか。

東三河から、岐阜、長野、新潟、山形経由で秋田に行ったわけですが、距離800km弱、所要時間は片道約13時間(休憩含む)。
それを私と父が主に運転し、行きでは時々妹も運転していきました。

あ、ちなみに帰省メンバーは私、父、母、妹、従弟、あと妹のカレシという異色度120%なメンバーでした。つーか一度もしゃべったことないんすけど

で、当日はトヨタレンタカーで予約していたノアを借りました。ノアぐらいのでかい車ですと、結構運転しやすいですね。
そして12日夜8時、地元を出て一路東名高速へ向かうわけですが。
「音羽蒲郡IC→岡崎IC 渋滞13キロ」
と、いきなり出鼻をくじかれ渋滞…。ここいつも渋滞してるよなぁ。
しかし、その渋滞を過ぎたら、この後新潟の中条ICまで、一切渋滞はありませんでした。

さてさて、以降はほんま移動だけなんですが、やっぱり長距離の旅行というものは心躍るわけで、

「この先急なくだり坂 ↓4%」

とか、

「この先急カーブ R=300」

とか、ほんとココロオドル!って感じですよ!中央道とか場所が辺鄙すぎなんすけど

中央道、長野道、上信越道、ともに険しい山道で、東名なんてぬるま湯につかっていて、しかも車免許取得1年経ったばっかりの私には、かなり衝撃的でした。特に岐阜東濃、聖高原、妙高付近は泣けました。

それと、上信越道って妙高付近はまだ片側1車線なんですけど、特にトンネルだと中央線のポールと相成ってかなり狭く感じました。
なまじ国道23号バイパスよりも圧迫感があったような気が…。

あと、恵那峡SAで買ったガム「ブラックブラック」のケース入りを衝動買いしたら900円ちかくしたので買うのやめたかったんですが、レジで断れなかった私はチキン確定(泣

しかし、思い起こせば姨捨SAから見た夜景は最高でしたヽ(*´∀`)ノ

(※今回もですが、この旅行は携帯のカメラで撮影しているので、画質には期待しないで下さいね)

そんな道中の景色ですが、途中、日が出てたのは新潟、山形、秋田ぐらいだったので、あんまり山道とかは撮影できませんでしたが、例えば…

新潟の田園
新潟付近の田園風景は圧巻でした。平野に延々と田んぼが続く風景は、中々見られないので新鮮でした。

庄内町のR47より たぶん鶴岡市内のR345
たしか金山町のR13
山形や秋田の内陸でも、見事な田園がありまして、感動しておりました。

また、秋田~新潟のうち、山形~新潟では国道7号をひたすら走ったのですが、その日本海の風景がまた絶景。

「道の駅あつみ」にて 鶴岡市内・温海周辺かな?
正直、「こりゃあ、某北の国に拉致されても分からんわな…」なんて思ったりして(苦笑

そういえば…
羽越本線@道の駅あつみ
電化している羽越本線の普通列車は何故かディーゼルでした。
Wikipediaを見ると、村上~酒田間を運転する列車は全てディーゼル気動車で、この区間に交流電気と直流電気のデッドセクションがあるため、管轄のJR東日本新潟支社に交直流両方使える電車がないので、だったらディーゼルでいいじゃん、ってことらしいです。

最上川@戸沢村
あと、最上川の側も通りました。松尾芭蕉の俳句をしみじみと実感しておりました。

とまあ、行きも帰りも、見事な風景を眺めながら帰ってきたわけでして、特にずっと下道だった新潟~山形~秋田は、のどかに変わりゆく風景に感動しながら、ゆっくりと走って行きました。

さて、最後は山形県新庄市での一枚。

tohoku06sM_09.jpg
秋田から国道13号で南下していくと新庄に入るのですが、新幹線延伸で改装した新しい新庄駅が13号沿いから見えたので、トイレ休憩がてらちょっと寄ったのですが、

tohoku06sM_10.jpg
駅から出たとき、鳴子・鬼首の方角にきれいなが。
旅の締めくくりに相応しい、心洗われる偶然を眺めながら、帰途に着きましたとさ。


さて、これにて、「みちのく秋田旅行レポ」は終了です。
読んで下さった方々、ありがとうございました!

次回は「ひぐらしのなく里へ ~雛見沢、もとい白川郷を訪ねて~」をお送りする予定です。でわ。
関連記事
[2006.09.08(Fri) 00:32] 2005~2006年のおでかけTrackback(2) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ひぐらしのなく頃に 目明し編其の四「仕返し」感想 | TOP | アニメFate・14話ED「ヒカリ」、ついに音源化!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/503-8be46a45

 
「えんぴつでなぞる」シリーズは今、若者の間で密かなブームとなっています。あなたも芭蕉とともにえんぴつの奥の細道の旅に出てみては?
[ 1970.01.01(Thu) 09:00 ]

秋田には「超神ネイガーvsホジナシ怪人」という番組があります。 秋田の人気者、超神ネイガーの5分番組です。 ※超神ネイガーのHP 秋田で超...
[ 2008.02.18(Mon) 12:52 ] 哲学カフェ:秋田館
 ← ひぐらしのなく頃に 目明し編其の四「仕返し」感想 | TOP | アニメFate・14話ED「ヒカリ」、ついに音源化!

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。