TOP > ついに公表、「渡嘉敷島集団自殺の軍命令は創作」
 ← みちのく秋田旅行レポ2 ~入門編2・角館~ | TOP | 古手神社こと白川八幡神社です

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ついに公表、「渡嘉敷島集団自殺の軍命令は創作」 

2006年09月02日 ()

9月2日なので、戦争の話をしましょうかね。

その前に、なぜ9月2日なのかの説明をしましょう。

というのも、大東亜戦争(と呼称します)は、いちおう国際法上で9月2日に日本が降伏した日なので。

■1945年8月15日:ポツダム宣言受託と軍の降伏を玉音放送で流し、事実上戦争状態が停止した日
■1945年9月2日:米海軍戦艦ミズーリ上@東京湾で降伏文書が調印され、国際法的に戦争状態が停止した日
■1952年4月28日:サンフランシスコ平和条約発効、52カ国との戦争状態が終結

ただ、確かにお盆のほうが鎮魂の意味が深まるのですよね。これも日本文化なのですな。

 

さて、小林よしのり著「戦争論」などで散々言われていた「渡嘉敷島集団自殺は軍命令は創作だった」ことが、いよいよ事実として明らかになりました!

公表を決意した照屋氏に敬意を表します。

そして赤松大尉に敬礼…!!・゚・(つД`)・゚・

◇ニュースソース:「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん(産経新聞)

 

戦争中、数多くの日本人が軍民問わず自決したのは、よく知られていることだと思います。

そして、沖縄県の渡嘉敷島でも起こった住民の集団自決事件。これが、海上挺身隊第3戦隊長・赤松嘉次大尉が発令した「軍命令」であったとして、戦後に大変話題となったものです。

世間一般的に「軍命令説」が出たのは、沖縄タイムス社(ちなみに朝日と仲がいい)が発刊した「鉄の暴風」という本によるところが大きいようです。

それが結局、戦後の自虐史観と相まって話が広がってしまったわけです。

あとの内容の詳細は、リンク先を見てください。

 

で、私が何を言いたかったのかと言うと、みんな歴史を正しく勉強しようぜ、ということなのです。

少なくとも沖縄戦の悲劇を知っていれば、本土の人間は沖縄に足を向けて寝れないはずです。沖縄にリゾート目的だけで行かないはずです。

私が沖縄に行くなら、少なくとも何かしらの戦争の史跡を訪れますよ。

沖縄戦は悲惨でした。集団自決が軍命令でなくても、自らの意思で自決しているという状況が、悲惨以外の何ものでもありません。

そしてやるせないのは、そんな彼らの為に自ら犠牲となった赤松大尉が、死して尚その十字架を背負っていること。

戦後、いい加減に歴史を改ざんし、あることないこと書いて、

「日本は悪だった」「軍部が悪かった」「国民はだまされていた」

などと、いい加減な歴史観を書いていること。これが一番許せない。

こういっては何ですが、国民だって「世論」という形で戦争を煽っていたのも事実。特定の誰かが悪いとも言いがたいんじゃないでしょうか。

 

私と同じ若いヤツら、歴史は正しく、自らの判断で認識してください。教科書に載っていることが全部ではありません。

というかあれですね、とりあえずまずは歴史の勉強をしてくださいwww

しかし鵜呑みにしてはいけません。特に近現代史は。

歴史は右とか左で判断することではなく、事実を踏まえた上で、これからの未来にどう生かしていくか。これに尽きるのではないでしょうか。

少なくとも、戦争を政治の手段とすることは最悪のケースだってことぐらいは分かるでしょう。

(ただし必要悪であることを断っておきます)

孫子曰く、

「戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり」

と。

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

  • 作者: 小林 よしのり
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

だから日本人よ、靖国へ行こう

だから日本人よ、靖国へ行こう

  • 作者: 小野田 寛郎, 中條 高徳
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本

図解雑学 孫子の兵法

図解雑学 孫子の兵法

  • 作者: 水野 実
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 単行本

武士道

武士道

  • 作者: 新渡戸 稲造
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1938/10
  • メディア: 文庫

 

関連記事
[2006.09.02(Sat) 00:53] 気になるニュースTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by ぽんきち
先日の昭和天皇の非公式発言と言う富田メモでしたか、あの時は
保守も革新も新聞も書き立てましたが、これはあまり騒ぎませんね。
評論もあまり聞きませんが。何故でしょう?大きな意図が働いて
いるような気がしますね、「大日本帝国の軍部=悪」の図式を形成
しているものを修正する事については・・・
非常に大きな人権問題である、とも思うんですがね。

by べるく
>ぽんきちさま
コメントありがとうございます!
確かに、この件はあまり取り上げられていませんね。ニュースソースとなった産経ぐらいしか見当たりません。
この事実が大々的に表面化すると困る輩が、思った以上に居るみたいです。事実は事実でしかないんですが…。
そして仰るとおり、これは赤松元大尉の人権に関わることだと、私も思います。
国土の復興と違い、「精神の復興」はやはり難しいですね…。

コメントを閉じる▲

 ← みちのく秋田旅行レポ2 ~入門編2・角館~ | TOP | 古手神社こと白川八幡神社です

COMMENT

先日の昭和天皇の非公式発言と言う富田メモでしたか、あの時は
保守も革新も新聞も書き立てましたが、これはあまり騒ぎませんね。
評論もあまり聞きませんが。何故でしょう?大きな意図が働いて
いるような気がしますね、「大日本帝国の軍部=悪」の図式を形成
しているものを修正する事については・・・
非常に大きな人権問題である、とも思うんですがね。
[ 2006.09.02(Sat) 20:50] URL | ぽんきち #79D/WHSg | EDIT |

>ぽんきちさま
コメントありがとうございます!
確かに、この件はあまり取り上げられていませんね。ニュースソースとなった産経ぐらいしか見当たりません。
この事実が大々的に表面化すると困る輩が、思った以上に居るみたいです。事実は事実でしかないんですが…。
そして仰るとおり、これは赤松元大尉の人権に関わることだと、私も思います。
国土の復興と違い、「精神の復興」はやはり難しいですね…。
[ 2006.09.03(Sun) 01:07] URL | べるく #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/498-a4b886ae
 ← みちのく秋田旅行レポ2 ~入門編2・角館~ | TOP | 古手神社こと白川八幡神社です

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。