TOP > 乃木坂46・アンダースペシャルライブレポ、カナ?[ポートメッセなごや編]
 ← (結構前だけど)映画「あの娘、早くババアになればいいのに」鑑賞してきた | TOP | 乃木坂46・アンダースペシャルライブレポ、カナ?[SHIBUYA O-EAST・1部編]

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 乃木坂46・アンダースペシャルライブレポ、カナ?[ポートメッセなごや編] 

2014年06月17日 ()
《この記事はSHIBUYA O-EAST・1部編の続きです》

2014_0517C.jpg
5月3日(祝)、SHIBUYA O-EASTにて行われた乃木坂46・アンダースペシャルライブ
渋谷での1時間が最高すぎて、全握3枚よりはるかに価値のある時間を過ごすことができたべるしぃさん。

そんなところで、少し時間が過ぎた5月17日(土)。
仕事中も休日も、ずっと大きな期待感を抱えたまま、いよいよ当日。向かった先は地元・愛知のポートメッセなごや。

・・・の前に、実は栄のライブハウスでアイドル対バンライブやってて、そっちが押してて到着したのがギリギリでした苦笑
金城ふ頭に着いたのが17:55ぐらいで、そこから全力ダッシュ。18時開場には間に合ったけど、こっちも開場(というか全握の西野・和田レーン)が押してて、結局30分以上待ってました。
ちなみに柊木りおっていうソロの子目当てでしたが、なかなか面白いライブでした。柊木りおは最高です!!

乃木坂46アンダーライブ@ポートメッセなごや セトリ
1.狼に口笛を
2.制服のマネキン
3.会いたかったかもしれない
MC1
4.ぐるぐるカーテン
5.初恋の人を今でも
6.生まれたままで
MC2
7.せっかちなかたつむり(衛藤、飛鳥、ちはる、新内、中元、星野、大和)
8.孤独兄弟(伊藤ちゃんず)
9.ダンケシェーン(井上、川後、優里、永島、能條、畠中、中田)
10.扇風機
11.おいでシャンプー
EN1.気づいたら片想い
MC3
EN2.13日の金曜日
W-EN.ガールズルール


で、感想なんですけど。
もう名古屋は44番という超良番だったので、最前下手でただただ沸いてましたw
もう最高すぎて最高でした。

自作のうちわ(裏は「かなりん」)、川後タオルを掲げながら、永島向けに黄色サイを振るというKSDDっぷりww
隣のおじさまが中田推しだったので、2人でレス乞食してました。もちろん最前なんで爆レスいただきました。

一曲目から「狼に口笛を」が来て、乃木ヲタ歓喜。
「マネキン」「会いたかったかも~」の定番アッパーチューンで客のボルテージも高まる。

MCはらりんとゆったんがメインということで、とくにらりんは凱旋でもあるので、寧々ちゃんと共に「おかえり」コールでのお出迎えともなりました。

その後1st「ぐるカー」の後、7thと8thのアンダー曲「初恋~」「生まれたままで」を連続披露。
やっぱりこの2曲は好きだなぁ。

さて、ユニット曲もセトリの通りのメンバーで3曲歌ってくれました。特にダンケシェーンは個人的にライブでは初めてというのもあるし、盛り上がりました。
渋谷では舞台のためにアンダーライブに出られなかったにゃんさゆがセンターだったのですが、最後「ラララ・・・」でトチって笑いが起こるという、ライブならではのハプニングもw
また、ここから川後Pが割とフロント位置にいることが多かったので、これも高まりましたね。

そして6thアンダー曲「扇風機」、「おいシャン」でエンディング。
とりあえずはいつも通りのアンコール。からの、8th「気づいたら片想い」。やっぱ表題曲をアンダーがやるっていう新鮮さと曲の幅の広がりは良いことだな。

MCでは、この日喉の調子が悪くて声が出なかった寧々ちゃん、そして「孤独兄弟」をともに歌ったまりっか、2人への温かい拍手が。
こういうとこがあってこそライブですね。台本通りのMCじゃつまんないし。

そして最後はお決まりの「13金」でエンディング。
・・・となるところ、やっぱりダブルアンコール。しかも「普通のアンコール」。乃木坂でそんなん聞いたの初めてです。
それだけ、本当に最後にもう1回だけ聴きたいっていうファンの想いがあったんだろうし、それだけのライブをしてくれたメンバーにも本当に感謝です。

そして最後は「ガルル」で大盛り上がりの大団円。
ファンとメンバーが一体となって、最高の舞台は幕をおろしました。


今回、特に名古屋は遠征という形での参戦となりましたが、はっきり言って「握手券?なにそれおいしいの?」って感じでした。
まあ自分はヲタクの握手レポとか認知厨の必死アピールとかが嫌いな程度には接触に興味がない人間なんでw

名古屋でサプライズ発表があり、9thでもアンダーライブを行うらしいですが、ハコを見る限りでは座席ありらしく、オルスタでこんだけ盛り上がって楽しめる乃木坂のライブというのは、もう2度と存在しないのではないかなと思うぐらい、本当にメンバーはファンのために、ファンはメンバーのために、それぞれが良い雰囲気で作り上げた現場だったなと思います。

何よりもうれしいのは、アンダーメンバーの活躍の場所が広がりそうだという可能性を示すことができたこと。
選抜メンバーに対し、圧倒的に露出の少ないアンダーメンバーにとって、乃木どこでの必死アピールなんかよりもアンダーライブでのアピールのほうが心を打つし、ファンとしてもライブは歓迎できることだと思う。

そしてアンダー推しの一体感のすごみ。最高か。

改めて、乃木坂と乃木ヲタっていいなぁと思わずにはいられない、そんな渋谷と名古屋のアンダーライブでした。
関連記事
[2014.06.17(Tue) 00:42] アイドルTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← (結構前だけど)映画「あの娘、早くババアになればいいのに」鑑賞してきた | TOP | 乃木坂46・アンダースペシャルライブレポ、カナ?[SHIBUYA O-EAST・1部編]

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/1113-63282ad1
 ← (結構前だけど)映画「あの娘、早くババアになればいいのに」鑑賞してきた | TOP | 乃木坂46・アンダースペシャルライブレポ、カナ?[SHIBUYA O-EAST・1部編]

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。