-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2005-08-10 00:35

血液型で全てがわかってたまるか

(旧ブログより転載)

最近ではテレビでも減り始めましたが、正直、いい加減血液型占いとか、性格判断とか、止してほしいです。
A型が几帳面だとか、AB型が二重人格だとか、色々。

だいたい、世の中の人間が4種類だけだったら、何が面白いのか理解できないのです。
人は違って当然です。それが個性です。
日本人だけ(最近韓国人もハマってるみたいですが)ですよ、こんなの。

それに科学的根拠が全く無いです。
ちなみにここで言う「科学的」とは、「仮説の設定とその立証がある」ということであって、別にDNA鑑定とかそういうのじゃないですよ。
例えば、「部屋を常に片付けている人はA型」という仮説を立て、それを4つの血液型の人間が男女で各何人かいて、それぞれ同条件で調査をする、とか。これで100%立証できれば、理論として成立するのです。

それ以上に、私が一番危ないと思うのが、心理学の講義で教授が言っていたこと。
それは、「血液型で相手の性格を分かろうとするのではなく、既にある、自分のその血液型へのイメージ・枠組みで相手を見る」ことなのです。
つまり、例えを出すと、
「あの人は几帳面だから、A型だろう」
のではなく、
「あの人はA型だから、几帳面な性格が前提で決まってるじゃないか」
という決め付けなのです。これって結構怖いと思いますよ。
あの人の行動が大雑把だったら、「O型だもんなぁ」で済ませたり、二面性があれば「AB型だもんなぁ」だ。

自分は元々AB型ですが、二重人格なんか誰でもあると思うんですよ。
あと、可哀想なのはB型。「B型=いい加減」という方程式を当てはめられるのだから、AB型以上にひどいです。
これって「ブラッドタイプ・ハラスメント」だと言ってました。同感です。

まあ、ここまで根付いた血液型性格判定理論は、そうそう覆らないと思います。
確かこれは、戦前の優性思想に基づいた研究・理論だった、という話らしいので、そんな昔からやってるようじゃなかなかなぁ、と…。
私も、血液型と性格に関連は無い、と考えるようになれるまで数ヶ月かかりました。

でも、人間は本当に分からないものなので、血液型で相手を見る事をやめて、自分から相手を知っていこうとすることが大事だと思います。
関連記事

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

  1. 長文雑記・自己紹介
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。