TOP > 掛川駅木造駅舎の華麗なる復活2014
 ← その名前に用は無い ~東武野田線の行方~ | TOP | やっとかめ!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 掛川駅木造駅舎の華麗なる復活2014 

2014年06月07日 ()
ども( `・ω・´)
実家に戻ろうか、割と切実に考えているべるしぃです。

さてさて。
先月は色んな事情がありまして、GWじゃない土日に愛知へ2回も帰ってしまいました。
で、だいたい実家に帰ると、東京へ戻るときはいつも月曜の朝の新幹線で帰る(というか直接出社する)ことが多いんですよ。


でもたまにはのんびり帰ろうと思って、静岡地区「土日乗り放題きっぷ」で豊橋から熱海まで在来線で行き、小田原まで普通にSuicaで乗って、小田原からメトロはこねで北千住まで都内スルーして松戸に帰ろうと思いまして。

その途中で思い出したのが掛川駅
以前、逆に実家へ帰るときに土日乗り放題きっぷを使って掛川駅で途中下車した際、木造駅舎が跡形もなくなってるのを目撃したのですが、そういえばあれから駅舎が完成したという噂を思い出したので途中下車してみることにしました。

2014_0518AB.jpg
というわけで木造駅舎のある掛川駅北口改札。
この時すでに4か月ほどが経過していましたが、まだ優しい木の香りが漂っていて、木造なんだなぁということを実感しました(*´ω`*)

2014_0518AD.jpg 2014_0518AF.jpg
外に出てみると、おやまあこれは何とも昔見た掛川駅と一緒の外観ではありませんか!

耐震化工事のためにいったん解体してからの外観を復元、ということで、結局のところ見た目だけ戻したの?って気がしないでもないですがw、まあ元の駅舎で使用していた木材を使いつつの木造ってとこは変わってないそうなので、完全とはいかなくても、ほぼ元通りと言っていいのではないでしょうか。

enshu_toica11.jpg
ちなみに、こちらは比較画像として解体前の駅舎を撮影したものです。(2008年)
よく見ると、JR東海ツアーズの建物が蔵風の建物から駅舎と同様の木造(風?)の外観で統一されています。
以前の蔵も城下町の風情があってよかったですが、駅舎と同じ見た目になると、一体感が増してこれもまた良いですね。
ちなみに撮影し忘れましたが、天浜線の駅舎はたぶん変わってないと思いますw

それより電話ボックスも一緒に撤去してたはずなんですが、こちらも律儀に元通りになってます。
使う人いるのかなぁ・・・と思いましたが、お年寄りの方とか使うし緊急用にも必要ですよね。

そんなところで、掛川駅木造駅舎は華麗に復活しました。
城好きとしては、木のぬくもりあふれる掛川駅に迎えられえて、ぜひ木造復元の掛川城にも足を運んでいただければと思います。(駅から歩いて10分ぐらいだよ!)

【関連過去記事】
掛川駅木造駅舎、しばしの休息(2013.10.31)
静岡進出記念TOICAを求めて遠州の旅 【ぱーとつー】(2008.5.13)
関連記事
[2014.06.07(Sat) 00:26] 東海地区の鉄道関連Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← その名前に用は無い ~東武野田線の行方~ | TOP | やっとかめ!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/1108-fe1239c8
 ← その名前に用は無い ~東武野田線の行方~ | TOP | やっとかめ!

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。