2013-04-29 02:02

ホクリク、グリーン、カイテキ! 【早春北陸旅2013・その1】

やっと北陸旅の記事を書く気になりましたw


fc2_2013-02-28_01-35-04-022.jpg
さて、3月6~8日と、足掛け3日間で北陸へ行ってきました!( `・ω・´)
この前買った北陸フリーきっぷ(グリーン車用)を使い、上越新幹線と特急はくたかをグリーン車で豪華に乗りとおそうという太っ腹な旅(・∀・)
(※北陸フリーきっぷは2013年3月で販売終了しました)


2010年1月、元カノと別れたばっかりのべるくさんは独り北陸に傷心旅行に行ってますがw、今回は故郷・東三河の友人たちと現地集合して行動する予定。
3年ぶりの北陸ということもあり、かなり楽しみにしてました(*´∀`)
hokuriku2013a02.jpg
そんなわけでおはようございます。
2013年3月6日水曜日、午前7時。まだ春の陽気には遠い朝の冷たい空気の中、やってきたのは上野駅
東北上越新幹線の上野駅要らなくね?という声がちらほらとございますが、きっと要ると思います。主に常磐線ユーザーにな!

ここからE4系Maxときに乗って、まずは首都圏北陸往還の主役である特急はくたかが待つ越後湯沢へと向かいます!


hokuriku2013a03.jpg
そしてこのグリーン車である。
グリーン車に乗ったのは2011年夏に大分へ旅行をした時、885系特急ソニックのグリーン車に乗って以来です( `・ω・´)

個人的には、この後乗る681系はくたかのグリーン車よりも、こっちのE4系グリーン車のほうが好きですね。
ヘッドレストの角度変更もいいのですが、なんと言っても足載せがある点で非常に高評価。
モケットも硬すぎず軟らかすぎず、また885系に比べると重厚感もあって落ち着きのある車内がグッド。

・・・そんなグリーン車に乗り、大宮まで併走する埼京線のホームにたむろする社畜ども日々労働に勤しむ方々を早朝から見下ろしながら、Maxときは北へ向かいます。
うーん、たまんねぇ(*´ω`*)

そして大宮を過ぎると、田畑の広がる埼玉・群馬エリアを駆け抜け、気づけば上毛三山がすぐ近く。
高崎を通過し、トンネルを抜けること幾個。

hokuriku2013a04.jpg hokuriku2013a05.jpg
越後湯沢に到着!
北陸へ向かう特急はくたか号への乗換客でごった返すこの10分程度の時間が、この山間の駅に一時の賑わいをもたらしてくれます。
ていうか、ほくほく線のラインカラーって青紫っぽい色なんですねw

hokuriku2013a06.jpg hokuriku2013a09.jpg
そしてここから金沢までは、JR西日本が誇る俊足の特急車両・681系に乗って行きます!
しかも681系のグリーン車は、JR西日本で定評のある3列シート。
前後左右、かなりゆったりした空間を自らのスペースとして使うことができます。

なお、E4系のような足載せはなく、代わりにフットレストがあります。
ヘッドレストは上下スライド式。ただ座席を倒しすぎると、座高の低い自分には、ちょっとヘッドレストの位置が合わなかったかな?
客室全体は、ブラウン系の落ち着きある調和のとれた雰囲気になってました。

というわけで、流線型の先頭車だけど前面展望は特に無い(苦笑)はくたかのグリーン車に乗って、越後湯沢を出発です!


hokuriku2013a08.jpg
っていうか雪すごすぎでしょ魚沼地方・・・
かの文豪・川端康成は「国境の長いトンネルを越えると、雪国であった」と書いてましたが、まさにそれ。これで3月上旬とか、真冬の豪雪はどんだけだ(;^ω^)

と言いつつも、見る分には雪のある風景は大好きですw


その後、六日町を通過してほくほく線へと向かい、早速トンネル。
あんまり速度出さないな・・・と思ったら、十日町を通過した後にはくたかが本気出した( `・ω・´)
初めて160km/hで走る在来線を体験しましたが、新幹線みたいですね。特急の停車しない、ホームの短い駅なんか通過したかどうかすら分からんw 美佐島とかトンネル灯レベルw


hokuriku2013a10.jpg
初の160km/h高速進行も、気づけばあっという間に終わり。くびきを通過した辺りで雪が一気に消失し、日本海側に到達したことを実感していると、信越本線と合流し、直江津に到着!
JR東日本の駅に、JR西日本の車両が居るのもここでは当たり前。

現在はJR西日本・東日本の境界駅となっていますが、これが北陸新幹線開業後には並行在来線(信越本線・北陸本線)が第三セクター会社化するので、JR東日本と第三セクター会社の境界駅になる・・・というわけですね。


hokuriku2013a13.jpg hokuriku2013a14.jpg
直江津を過ぎると、その北陸新幹線と並行する箇所がちらほらと目に付きます。
約2年後の2015年春の開業予定ということですが、高架橋はほぼ完成、場所によっては架線もすでに張ってあったりしたので、新幹線車両がここを走る日も、そう遠くない将来のことになるんでしょうね(・ω・)


hokuriku2013a11.jpg hokuriku2013a12.jpg
しかし北陸新幹線ではトンネルで通過してしまうのが親不知(左写真)。
噂には聞いてましたが、かの名勝地も列車から見ると高速道路を見上げるばかりというw
しかし日本海を臨みながら走る列車の車窓は良かったです。

そして泊あたりからは富山平野へと抜け、南側には立山連峰
白く連なる山々に、青く広がる海。たまらんやろこの風景(*´ω`*)


hokuriku2013a15.jpg
さて、その後は富山、高岡と順調に停車し、物流の動脈たる北陸本線よろしく貨物列車とたくさんすれ違い、北陸新幹線と並走しつつ、倶利伽羅峠を越え、特急はくたか2号は金沢に到着!
上野から3時間50分、これでもずいぶん早いなとは思うのですが、これが新幹線開業でさらに短縮されるんですねぇ。日本地図はどんどん狭くなる。

さて、ここで名古屋から特急しらさぎに乗ってきた友人たちと現地集合し、3人で行動する予定なのですが・・・なんと1人が遅刻(;´Д`)
しかもしらさぎ2本分、2時間も遅刻ですよ・・・


hokuriku2013a16.jpg hokuriku2013a17.jpg
とりあえず予定通り金沢駅前のアパホテルで格安レンタカーを受領した自分ともう1人の友人が向かった先は、さっき自分が通過したはずの富山駅だった!(・∀・)
ちゃんとスケジュール組んでたんですけど、その遅刻した友人のせいで全部ぼろぼろw


「そんな(適当な)プランで大丈夫か?」
「大丈夫じゃない、問題だ」



そんなわけで、いよいよ北陸へ辿り着いたべるくさん御一行。
計画を練り直して向かったのは、JRのローカル線から生まれ変わったあの路線だった・・・!


その2へ続くまだ途中ー
関連記事

テーマ:鉄道の旅
ジャンル:旅行

  1. 2013/2014年のおでかけ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する