TOP > いざ行かん"みちのおく"、青森の旅! 【4.おうちへ帰ろう・八戸発はやて編】[終]
 ← 3年ぶりの北陸遠征計画始動!…と思ったら北陸フリーきっぷ終了らしい | TOP | ジェネレーション交代近づく常磐線特急界隈!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク いざ行かん"みちのおく"、青森の旅! 【4.おうちへ帰ろう・八戸発はやて編】[終] 

2013年02月19日 ()
2年(以上)越しの記事作成もひとまずこれにてラスト!
青森旅の最終回をお送りします。


くどいようですが、

aomori2010d04.jpg
東北新幹線全線開業前のお話です(;^ω^)


【復習!】
☆旅行日:2010年11月30日(火)~12月1日(水)
・・・東北新幹線が全線開業する(2010年12月4日)前に青森に行こうとしたらこうなった(・∀・)
【前回までの記事】
1.急行きたぐに編(2010.12.9作成)
・・・仕事を終え、地元東三河から米原へ、そして急行きたぐにで新潟へ。今にして思えば貴重な乗車でした。
2.特急いなほ編(2010.12.27作成)
・・・新潟から秋田まで、特急いなほでひたすら日本海側を北上するだけのお話
3.特急かもしか編(2012.11.15作成)
・・・秋田から青森まで、今は無き特急かもしかに乗っただけのお話
4.特急白鳥編(2012.12.11作成)
・・・青森から八戸まで、まだ特急白鳥が八戸まで来ていた頃に乗った時のお話
※以下、列車の時刻は当時のものです


本八戸駅 本八戸駅
さて、前回青森駅から八戸駅までやってきたべるくさん。
八戸駅からはバスに乗って日本100名城の1つ、根城を探訪しました。
自分と他の方の2名だけでしたが、寒い中ボランティアガイドさんがついてくれて親切丁寧に説明して頂けた上に、ボランティア小屋で他のボランティアの方が色々話をしてくれて、とても嬉しかったです(*´ω`*)

そしてその後、バスで八戸線・本八戸駅へと向かいました。
実は八戸市街地に近いのはこちらの本八戸駅のほう。
「鉄道を敷設する際、市街地から離れた場所に駅を造る」・・・というのは京都や松山などなど良くある事例ですが、八戸では海に近いところを通らないように軍から要請もあったとか。
まあ鉄道敷設って政治的要素も絡んでくるし、昔なら地形的にこのルートしかないってこともあるし、事は単純じゃないですよね(・ω・)



それはさておき、黒タイツの女子高校生が満載の八戸線のディーゼルカーで八戸駅に戻ってきました。
鉄道ってやっぱ大事な公共交通です(キリッ ←黒タイツJKが見れたので御満悦らしい

それにしても青い森鉄道になる準備は万全ですね!


aomori2010e04.jpg aomori2010e05.jpg
八戸駅では、いわて銀河鉄道のIGR7000系と、JR北海道の789系特急スーパー白鳥に遭遇!
こんな組み合わせも、もう八戸では見られない光景になってしまったんですね・・・(´・ω・`)
(というかIGR7000系は青森行ってないらしいから、もうどこでも見られない光景なのかな?)

八戸という地が、東京と北海道を繋ぐ列車の接続点になっていたという事実。
約8年の短い間のことでしたが、これも歴史の1ページに刻まれたことでしょう。

あ、ちなみにJR北海道の車両を見たのはこれが初めてでしたw


aomori2010e06.jpg
駅で撮り鉄を済ませたあとは、駅近くのユートリー(八戸地域地場産業振興センター)というビルにあるレストランで、八戸ラーメンを食しました!
本八戸で日が沈みましたが、この時点で平日の17時過ぎ。お客さんはさすがにまばらでしたw

八戸ラーメンは醤油ベースで煮干しや鶏がらなどからだしをとったラーメンだそうですが、べるくさん基本的に食べられれば細かいことは気にしない波なので、普通のラーメン感覚でした(;^ω^)
そんなに高い値段ではなかったので、まあ値段相応の味かな、と。

30分ほどで食事を済ませ、お土産を買った後、駅に戻ってみました。


aomori2010e07.jpg
こちらは青い森鉄道と在来線の改札口。
青い森鉄道が全線開業した後は同社が管理する駅ということになったそうですが、このときはまだJR東日本が管理する駅でした。

八戸駅新幹線改札口前
一方こちらは新幹線改札口。やけに広々としている(・ω・)
(どうでもいいけど、Wikipediaによればここが青森県初の自動改札だったとか)

さて、18:00発のはやて28号までもうすぐなので改札内へ行きましょう!


乗換改札と改札内コンコース。
なんとこの乗換改札、新幹線全線開業後に閉鎖されたそうな(;´Д`)
つまり今は新幹線から八戸線に乗り換えるにも一旦改札を出る必要があるんですね。確かに白鳥・スーパー白鳥に乗り換える人が大半だったから、今となっては・・・とは思いますが。

乗換改札の奥に書かれている、今はもうこの地に辿りついていない「東北本線」という文字も、切なさを募らせます。
正直なところ、並行在来線の第3セクター化には、未だに違和感が拭えません。


それにしても、吹き抜け感のある頭上が広いコンコース。なんかヨーロッパの鉄道駅みたいです。


あと3日!
ここでも発見。

延伸間近の八戸駅
18:00発のはやて28号は、14番線から発車。
数日後には下りの新青森方面の列車が発着するホームになるので、ここからの折り返しも今となっては貴重。
別に新幹線は廃止になるわけではないですが、八戸始発のはやてもとりあえずは無くなるので、こういうところにも最後を迎える事象があるわけですね。



というわけではやて28号に乗って、青森を離れます。
さよなら青森、また来るぜ!( `・ω・´)なんてったってJKがほぼ黒タイだしな



はい、わずか3時間で東京駅に帰ってきました。
途中盛岡でこまちを連結したものの、3時間で青森から戻れるというのは、なんというかすごい。
そして今年2013年3月から、E5系はやぶさが320km/h運転を開始するとのことで、東京~新青森間が最短2時間59分になるとか。
なんというか、やっぱりすごいw


東京に着けば、後は22:00発の最終のひかりに乗って豊橋に帰るだけの簡単なお仕事です。
見慣れた(乗り慣れてはいない)N700系でゆったり帰りましょうヽ(・∀・)ノ


これで、2日前の夜に三河を出て、
急行きたぐに~特急いなほ~特急かもしか~特急白鳥~新幹線はやて~新幹線ひかり
と乗り継いできた青森への旅もおしまい。

鉄分と城分の濃い旅になりました(・∀・)
(※お城の話はまたいずれ・・・w)



さて、2年数ヶ月前の旅を記事にしてしまうという失態を犯してしまったのですが、実はまだまだ色んなところに行ってるのにブログに書いてない旅がたくさんありますw
そのため、これからも過去の旅をちょくちょくアップして行きたいなー、と思っております。
何といっても、自分の記憶があるうちに、それを留めておくために。


さて、今回の青森の旅ですが、目的としては新幹線開業前の青森を走る特急群に乗っておきたかったのもあるのですが、廃止(定期運転終了)が発表される前の急行きたぐににも乗ることができましたし、100名城(弘前城と根城)の攻略もでき、大変内容の濃い、満足できる旅でした。


個人的に印象に残ったのは、八戸市の根城でボランティアガイドの一人のおばちゃんが言っていた言葉。

「新幹線さ新青森まで行っでも(八戸を)通過しねぇでな」(だいたいこんな感じ)

新青森まで開業することで、もちろん津軽地方に恩恵があるのは間違いないのですが、終着駅から途中駅となる八戸を始め、東北本線の第3セクター化など、南部地域は複雑な胸中の方も多かったことでしょう。
2年が経ってどうだったかはまだ分からないのですが、この新幹線効果、東北人の血が半分入っている自分としても、青森県全体にとって良きものになっていることを願って止みません。

そして今年3月にはE5系はやぶさの320km/h運転も始まるということで、東北のさらなる飛躍を期待したいですね!( `・ω・´)


(やっと終わった・・・)
関連記事
[2013.02.19(Tue) 00:33] 2010年のおでかけTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 3年ぶりの北陸遠征計画始動!…と思ったら北陸フリーきっぷ終了らしい | TOP | ジェネレーション交代近づく常磐線特急界隈!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/1080-b543920b
 ← 3年ぶりの北陸遠征計画始動!…と思ったら北陸フリーきっぷ終了らしい | TOP | ジェネレーション交代近づく常磐線特急界隈!

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。