TOP > いざ行かん"みちのおく"、青森の旅! 【4.特急白鳥編】
 ← 2013年春のダイヤ改正発表 ~気になったトコだけ気にしてみる~ | TOP | RESORT HYBRID TRAIN、信州を駆ける

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク いざ行かん"みちのおく"、青森の旅! 【4.特急白鳥編】 

2012年12月11日 ()
まだまだ2年前の旅の記事書いちゃうぞー(・∀・)


【復習!】
☆旅行日:2010年11月30日(火)~12月1日(水)
・・・東北新幹線が全線開業する(2010年12月4日)前に青森に行こうとしたらこうなった(・∀・)
【前回までの記事】
1.急行きたぐに編(2010.12.9作成)
・・・仕事を終え、地元東三河から米原へ、そして急行きたぐにで新潟へ。今にして思えば貴重な乗車でした。
2.特急いなほ編(2010.12.27作成)
・・・新潟から秋田まで、特急いなほでひたすら日本海側を北上するだけのお話
3.特急かもしか編(2012.11.15作成)
・・・秋田から青森まで、今は無き特急かもしかに乗っただけのお話
※以下、列車の時刻は当時のものです


つまりタイトルの「特急白鳥」は、八戸~函館間の特急だった頃の話です(;^ω^)

ま、とりあえず続き行きましょか。


aomori2010d01.jpg
というわけで、青森駅です。
そうです、上野発の夜行列車降りた時から雪の中の青森駅です。ボクは秋田発の昼行特急降りた時からどんより曇り空の中でしたが。
北へ帰る人の群れに混じることもなく、ここからひたすら愛知県まで南下を始めます( `・ω・´)

そういえば青森駅ですが、外観はおそらく昔とそんなに変わらないと思うのですが、内装がかなりリニューアルされてました。
また、駅前などでは再開発もさかんで、県都の玄関口として申し分ない駅になっています。


あ、別に手前のJKはわざと写したわけじゃないですよ。だってちょうどバスが(以下言い訳略


aomori2010d04.jpg
既に前述していますが、今回の旅は東北新幹線全線開業前。
青森駅にも、前回の弘前駅同様にカウントダウンの看板がありました。
大々的にE5系「はやぶさ」が写ってますが、思い出してみれば、全線開業時にE5系は投入されてなかったでしたよね。

aomori2010d02.jpg aomori2010d03.jpg
そして東北新幹線全線開業間近ということは、青い森鉄道全線開業間近でもあるわけですよ!
当然ながら、開業前でも定期券の発行などの先行する受付業務もあるので、窓口はちゃんと営業中でした。


そんなところで、改札を通って駅の中へ戻ります。

aomori2010d05.jpg aomori2010d06.jpg
ここから特急白鳥に・・・の前に、ちょっと撮り鉄。
E751系特急つがる(当時は八戸~青森・弘前間)と東北ローカルの主役・701系です。

E751系については結局乗れずじまいでしたが、今なお秋田~青森駅間の現・特急つがるで活躍しているので、今度機会があれば乗りたいですね。
701系は・・・うん、あれだ。今回の旅以外でも何度か乗ったことあるけど、もう東北版走るンですとしか言えぬ(;^ω^)
長距離の乗客なんて18きっぱーだけだろうし、ロングシートにしたい気持ちは分からなくもないが・・・うーん。
とりあえず座席のクッションをE233系並にしてはどうでしょうか?w


aomori2010d08.jpg
そんなところで、そろそろ特急白鳥に乗り込みに行きましょうか。
「特急白鳥 八戸行き」も、今は昔の話です(´・ω・`)
現在、青森駅の1・2番線が青い森鉄道の専用ホームになっているそうな。


aomori2010d09.jpg aomori2010d10.jpg
ホームには、特急白鳥の姿。
そして方向幕にも、今はもう表示することの無い「八戸」の文字。
さあ、ここ青森から12:49発の特急白鳥18号に乗り込みます!

それにしても、列車と青森ベイブリッジとの組み合わせがオツですね(*´∀`)


aomori2010d12.jpg
列車は青森を発ち、しばらく陸奥湾を左手に眺めながら八戸へ快走中。
しばらく車窓に雪景色を見ることもできました。

なんかこんな写真しかなくてごめんなさい(苦笑)


aomori2010d11.jpg
さて、前回の特急かもしか編や、今回の上の特急つがるの写真でもそうですが、青森駅を発車する列車にたむろするスーツ姿の若者たちの姿が目に付きました。
彼ら、列車の中でアンケートとってたんですよ。国土交通省の。

表題も仰々しく「(秘)幹線鉄道旅客流動実態調査 調査票」とな。
東北新幹線全線開業の前後で旅客流動がどう変化するのかの調査でしょうね。
もちろんべるくさんも協力しましたw
ボールペン(写真に写ってる、ゼブラのタプリクリップ〔105円〕)ぐらいくれるかなーと思ったんですが、くれませんでした(´・ω・`)


aomori2010d13.jpg aomori2010d14.jpg
それはさておき、列車は青森から浅虫温泉、野辺地、三沢に停車し、八戸へと向かいます。
その野辺地駅と三沢駅の駅名標ですが、野辺地駅は既に青い森鉄道版になっていましたが、逆に三沢駅はJR版のままでした。
あと3日で開業という日なのに、結構ギリギリまで準備が立て込んでたのかな?


aomori2010d15.jpg
そんなこんなで13時52分、青森から約1時間で八戸駅に到着!
あっという間の1時間、気づけば天気も良くなっています(・ω・)


aomori2010d16.jpg aomori2010d17.jpg
しかしこの数日後にはこの特急街道もローカルな第3セクターに切り替わってしまうのかと思うと、ちょっと感慨深いというか、切ない気分になりました(´・ω・`)
函館や弘前という地名も、もうここでは見られなくなるわけです。
それでも八戸駅は三沢や野辺地に比べれば、新幹線停車駅として続くのですから、まだマシかもしれませんね。

なお、この日の時点で八戸駅の駅名表は更新済みでした。
てかあれですね、基本的にJR東日本の形を踏襲してますねw


aomori2010d18.jpg aomori2010d19.jpg
東北新幹線全線開業を待ちわびる八戸駅。
しかしながら終着駅から途中駅に変わることもあり、当然観光客などがスルーする可能性も高くなるわけで、新幹線停車駅に変わりはないにしろ、八戸も必死になって人を呼び込もうとする姿勢が見受けられました。

実は八戸までは、この8年前の2002年に来たことがあるんです。それも今回と同じく、新幹線(八戸延伸)開業直前に。
でも滞在時間1時間半だけでしたけどね!w
当時、八戸市の市街地は八戸駅じゃなくて本八戸駅周辺にあるということを知らなくて、八戸駅に降りて「うわーなんもねーww」とか言ってすぐ折り返したんですよ(;^ω^)

今にして思うと、日本100名城の根城もあるし、市街地は結構栄えてるし、JKはほぼ黒タイツだし、他にも見所はいっぱいだったじゃないか・・・と、昔の自分を責めるばかりです。(なんか若干おかしいけど気にしない)


しかし今回は夕方の東京行きのはやてまで時間をとってあるので、ちゃんと八戸の街を回る算段をたてていました( `・ω・´)
その話はいずれまた。


そんなところで、東北本線の青森~八戸間を乗り納めたべるくさん。
次回の記事の予定は・・・

4-2:「ねじろ」じゃないよ「ねじょう」だよ! 日本100名城シリーズ・根城編
5:おうちへ帰ろう・八戸発はやて編


今のところ100名城シリーズについては記事作成について思うところがあり、5を優先的に書いて、ひとまず旅の行程だけでも終わらせようかなと考えています。

次回を待てぃ!
関連記事
[2012.12.11(Tue) 03:12] 2010年のおでかけTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 2013年春のダイヤ改正発表 ~気になったトコだけ気にしてみる~ | TOP | RESORT HYBRID TRAIN、信州を駆ける

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/1073-e839a388
 ← 2013年春のダイヤ改正発表 ~気になったトコだけ気にしてみる~ | TOP | RESORT HYBRID TRAIN、信州を駆ける

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。