TOP > がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【2.JR水郡線(常陸太田)編】
 ← がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【3.ひたちなか海浜鉄道・前編】 | TOP | がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【1.鹿島臨海鉄道編】

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【2.JR水郡線(常陸太田)編】 

2011年12月02日 ()
昨日の日テレの音楽特番で、SKE48の扱いがひどすぎて腹立った。>挨拶
AKBはゆいはん以外興味無いべるくです。どうもおはこんばんちは(`・ω・´)


mito_station.jpg
さて、今回は茨城県内乗り鉄の旅・第2回、JR水郡線編です!

前回松戸から水戸まで来て、鹿島神宮まで鹿島臨海鉄道を往復したところまで来ました。
その後水戸城址・弘道館探訪をして、再び乗り鉄を開始します(*´∀`)


ibaraki2011nov_b01.jpg
てなわけで水戸からは、JRには割と乗ってるべるく的にも初お目見えとなるキハE130系に乗り込みます。
今回使った「ときわ路パス」は水郡線の郡山方面ですと下野宮まで行くことができますが、後々水郡線乗り潰し攻略する際に枝線を残すと面倒だろうと思い、今回は常陸太田へと向かいます!


【前回の記事/関連リンク】
がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【1.鹿島臨海鉄道編】(2011.11.30)
ときわ路パス-JR東日本:おトクな切符
水郡線-Wikipedia

さて、水郡線は水戸駅を出て左へカーブし、水戸城址の本丸と二の丸の間にある堀跡の中を進んで、視界が開けると那珂川を渡ります。
この那珂川を渡る橋を中心として今年付け替え工事を完了したばかりだそうで、道床も新しかったです。
(この辺の写真は水戸城址散策編で←まだ執筆中)


ibaraki2011nov_b02.jpg
水郡線の列車は田畑と住宅街の中を走り抜けて、郡山方面と常陸太田方面の分岐駅・上菅谷駅に到着!
(※写真は帰りの水戸へ戻るときに撮影)

この駅は1番線(写真右端)が常陸太田方面、2番線が郡山方面、3番線が水戸方面となっていて、日中の水戸から上菅谷乗換で常陸太田方面へ向かう乗客が乗り継ぎしやすいようになってます。
逆に水戸方面への乗り継ぎはホームを移動する必要がありますが、その分、水戸方面の接続は多少ゆとりを持たせているようですね。

しかしJRの駅で割と規模もあるのに、跨線橋も使わずに線路を横断するのが何だか新鮮(*´ω`*)


そして上菅谷で常陸太田行きに乗り換えてしばらくすると・・・

ibaraki2011nov_b03.jpg
あ! 額田(ぬかだ)だ!
愛知県でも額田(ぬかた)郡があり、額田町も以前ありましたが、まさかここでこの地名を見るとはw
・・・でも大阪にも額田駅があるらしいので、思ったよりマイナーな地名じゃないのかな?


ibaraki2011nov_b04.jpg
その額田駅を過ぎると久慈川を渡ります。
水郡線を郡山方面に乗っていけば、列車は久慈川と共に進むのですが、こちらはさっと跨ぐだけ。


ibaraki2011nov_b05.jpg ibaraki2011nov_b06.jpg
そんな風景を眺めながら列車は走り、上菅谷駅での乗換時間含めて水戸から35分ほどで常陸太田駅に到着!
ん? なんかめっちゃ新しいんだけど?(^ω^)

とりあえず駅の外観を見に行こう。


ibaraki2011nov_b08.jpg
ちょ、交差点のすぐ横で線路が止まってる!Σ(゚Д゚)
なんか駅も電車も晒されてる・・・変な感じ。
しかも非電化で架線が無いから、線路に蒸気機関車とかあったら、普通に廃線跡の駅舎を使ったバスターミナルとかに見えるw
調べてみたらどうやら今年春に新駅舎になったようで、本当にできたてほやほやの駅でした。


そしてもっと色々調べていたら、その交差点を挟んで目と鼻の先、つまり私がこの写真を撮影してた真後ろに、2005年に廃線になった日立電鉄常北太田駅があったのです。
うん、何も調べてなかったから全然知らなかった(;^ω^)


ibaraki2011nov_b07.jpg
というわけで、改めて常陸太田駅からの眺めを見てみると、確かに広い更地がありました。
この時私は、「道路付け替えで更地にしちゃったのかな」と思ってましたが、あそこに駅があったんですね。
事前に調べていれば、もうちょっと写真の右側を撮影してたんだけどなぁ・・・(;´Д`)


どうやら常陸太田市が駅前の再開発を行ったようで、元々T字路+Y字路+Y字路だった複雑な交差点群を単純化しつつ、常陸太田駅を市の玄関口として整備しようと意図して行われたよう。


で、私は以前のこの駅前周辺を知らないものですから、ネットで色々情報を集めてみて、自分で再開発前後の地図を手作りで作ってみましたw

hitachiota_map.jpg
こちらがその地図。あくまで自分が勝手にやってみただけなので、多少誤差はあるかもしれません。
・・・線が汚いとか言うなw

かなり面倒な配置だった道路も、ただの十字路になって非常にすっきりしてますね!

そしてこの地図の左上の方にもY字路があったのですが、駅前ロータリー入り口と一緒の交差点となって、十字路化されていました。
こうして見ると、おそらく以前の交差点群では、相当交通の流れが悪かったんだろうなと一目で分かりますw

まあ以前の常陸太田駅周辺を知らないのですが、こうして少しだけでも昔の状況を振り返ることで、ただ単に駅前をキレイに再開発しただけじゃなかったんだな、って復習が出来たので良かったです(*´ω`*)


ibaraki2011nov_b09.jpg
というわけで、正味30分ほどの滞在で、常陸太田駅を離れて、水戸駅へ戻ります。
土曜日だったので、この時間ぐらいからJKがちらほら。まあ目の保養ということでw

ibaraki2011nov_b10.jpg
途中、上菅谷駅で乗り換えたのですが、2+1+1の4両編成でやってきました。
というわけで、ここで両運転台式のキハE130形も撮影ゲット。
車体横の色が違うからすぐ分かりますね!


さて、水戸駅に着いたべるくさんは、ここで1駅下って勝田駅へと向かいます。
鉄な皆さんなら、もうお分かりですよね?


はい、次回はいよいよひたちなか海浜鉄道編です!(`・ω・´)

今回は割とハイペースで書いているので、次も早めに仕上げたいと思いますw


次回【3.ひたちなか海浜鉄道・前編】はこちらからどうぞ
関連記事
[2011.12.02(Fri) 03:15] 2011/2012年のおでかけTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

いや by ひたちなか海浜鉄道
あわてずに、ごゆるりと。
(吉田)

by べるく@元三河人
お気遣いありがとうございます(苦笑)
しかし記憶があるうちに書いてしまったほうがきっと楽なので、数日中には。

コメントを閉じる▲

 ← がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【3.ひたちなか海浜鉄道・前編】 | TOP | がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【1.鹿島臨海鉄道編】

COMMENT

あわてずに、ごゆるりと。
(吉田)
[ 2011.12.02(Fri) 10:19] URL | ひたちなか海浜鉄道 #tJ8bLkYs | EDIT |

お気遣いありがとうございます(苦笑)
しかし記憶があるうちに書いてしまったほうがきっと楽なので、数日中には。
[ 2011.12.02(Fri) 23:54] URL | べるく@元三河人 #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/1037-91c59eee
 ← がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【3.ひたちなか海浜鉄道・前編】 | TOP | がんばっぺ茨城! 秋のひたち路乗り鉄旅 【1.鹿島臨海鉄道編】

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。