TOP > だいぶ暑いぜ! 九州大分の旅2011夏!【5.縦横無尽!大分乗り鉄編】
 ← おめでとう! 奈々様クリアファイルはリラックマクリアファイルにしんかした! | TOP | 371系にもカウントダウンがやってきたのだ。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク だいぶ暑いぜ! 九州大分の旅2011夏!【5.縦横無尽!大分乗り鉄編】 

2011年10月27日 ()
早く終わらせたいけど終わらない。>挨拶
まだ夏は終わってないべるくです。どうもおはこんばんちは(`・ω・´)


oita2011_e01.jpg
前回、早朝5時から友人宅を出て100名城の府内城址を散策(ダッシュ)したべるくさん。
何とか大分5:36発の柳ヶ浦行き始発列車に飛び乗ることができました(*´ω`*)
まずはこの列車で別府を目指します。


というわけで、今回は夏の九州大分旅行レポ第4回・縦横無尽! 大分乗り鉄編ということで、大分県を鉄道で駆け巡るだけのお話です。


■これまでのお話■
1.超絶JR九州との遭遇編:松戸から大分県まで
2.ときめいて大分編:別府、宇佐、由布院、湯平温泉
3.駆け抜けて大分編:湯平温泉、由布院、日田、福岡市内
4.早朝ダッシュde城廻り編:早朝の大分府内城址散策


oita2011_e03.jpg oita2011_e04.jpg
5:47、別府に到着!
最初に降り立ったときに駅舎はリニューアルされているのを見ましたが、ホームには寝台特急富士のような長距離列車が発着していた頃の名残で、洗面台がありました。
今も残ってるのは珍しいですね!

さて、ここから別府5:57発の普通・佐伯行で一路大分県を南下。終点の佐伯を目指します!


oita2011_e02.jpg
この日最初とその次の2つの列車は815系でしたが、それにしても車内の素晴らしいことw
ロングシート車両はどこにでもあるのですが、ちゃんと座席も1つずつ独立していて、配色の仕方も大胆。
通勤電車までこんな仕様とか、JR九州ホントすげぇ。。。


oita2011_e05.jpg oita2011_e06.jpg
周遊きっぷの大分ゾーン券なら特急の自由席も乗れるのですが、ちょうどいい時間の特急がなかったので、普通列車でゆっくりと南下していきます。
別府駅の隣り駅・東別府は1911年の開業以来の駅舎ということで、木造駅舎が雨に濡れた姿がよかったです。
(ちなみに映画「恋空」(笑)のロケで使われたようですが・・・わりとどうでもいい)

さて、あいにくの雨模様な8月15日早朝ですが、別府から大分にかけての別府湾の景色も何とか見ることができました(*´∀`)


oita2011_e07.jpg
そしてついさっきまで居た大分をスルーし、先日引退した485系やED76形が佇む大分車両センターの脇を通り、市街地を抜け、山の中を走っていくと、別府から1時間ほどで臼杵駅に到着し、10分ほど停車。
415系とすれ違ったので撮影してみた。

臼杵も元城下町。古い町並なんかがあるそうで、「行ってみたいなぁ・・・」と後ろ髪を引かれつつ佐伯を目指します。


oita2011_e09.jpg oita2011_e10.jpg
臼杵の辺りからは入り組んだ海岸線に沿って進んでいきます。
ちょうど天気も良くなってきて、海がキラキラ輝いてたZ!

そして海崎駅前にある太平洋セメントの工場。工場ステキ(*´ω`*)


oita2011_e11.jpg oita2011_e12.jpg
そんな富んだ景色を眺めつつ臼杵から30分ほど、7:43に佐伯駅に到着!
九州最東端の佐伯市。読み方は「さえき」じゃなくて「さいき」なんですね。

ホームには佐伯市の特産品や「釣りバカ日誌」シリーズのロケ地になったことなどが展示してあるんですが、それ以上に気になったのは「富永一郎先生ふるさと観光漫画」

あれ? 富永一郎って・・・あのお笑いマンガ道場の富永一郎さんか!?www
子供の頃にテレビで見てたけどおっぱいばっかり書いてた人だろwww

・・・と、ちょっとツボに入ったのは秘密(;^ω^)


kiha200_220A.jpg
佐伯駅では、佐伯~延岡間の1日数往復しか普通列車が走らない超絶過疎区間・通称「宗太郎越え」の区間に充当されているキハ200系(キハ220形1500番台)に遭遇。
まあ過疎区間なんで、1両では使えないJR九州の電車じゃ電気代もったいないですもんねw


oita2011_e13.jpg
さて、佐伯駅では23分の滞在で、折り返し8:06発の787系特急にちりん2号で大分に即逆戻り!
駅に着いたらすぐ折り返す。乗り鉄の基本です。(by鉄子な3姉妹次女・美唄)
・・・本当は周遊きっぷ大分ゾーンの南端・延岡も行こうと思ったんですが、この後行きたいところがあったので回避しました。

oita2011_e15.jpg oita2011_e14.jpg
しかし初登場から15年以上経ってなお、その存在感を発揮する787系。
インテリアも古さを感じさせません。

しかし車体にある「つばめマーク&AROUND THE KYUSHU」の下には「ARIAKE」の文字が浮かんでるけどな!w


というわけで佐伯から787系に乗り込みましたが、その心地よさに寝てしまいました。
まあ朝5時から動いてるし、まだ朝8時すぎだしw


oita2011_e16.jpg
佐伯から1時間ほど、9:07に大分へ到着。大分では特急列車たちが揃い踏み(*´∀`)
今度はここから豊肥本線へと乗り込みます!


kiha200_220B.jpg kiha125.jpg
乗り込むのはLED表示が驚くほどハマってないキハ200系・キハ220形200番台!
うん、てかはみ出してるしね(´・ω・`)

黄色いのは久大本線のキハ125形ということで、こちらは今回乗れず。
大分を9:13に発車する普通・宮地行きに乗り込みます!

oita2011_e17.jpg
大分駅は現在高架化の真っ只中ですが、先行して豊肥本線と久大本線は高架化済み。
というわけで車内から、整備中の日豊本線の高架線(予定)を撮影してみました。


kiha200SL.jpg oita2011_e18.jpg
さて、しばらく豊肥本線に乗っていると、列車は大分の市街地を抜け、山の中へ。思ったより多くの列車と交換しました。朝だったのもあるのかな?
特に気になったのは、青色のキハ200系やキハ47形。
山の中を走るのに「シーサイドライナー」・・・まるで赤いみどりのような、その存在の矛盾たるやw


oita2011_e19.jpg oita2011_e20.jpg
そして犬飼駅を通過。ここはDMCのクラウザーさんの中の人の出身地が支配する魔都であり、聖地なのであります!(`・ω・´)
ホントは降りたかったんですが・・・時間の都合でカット。。。


oita2011_e21.jpg oita2011_e22.jpg
さて、上の犬飼の写真もそうですが、豊肥本線は大野川に沿って西へ進んでいきます。
川と山と田んぼが織り成す風景はローカル線ならどこにでもありそうですが、それでもやっぱり路線ごとにその姿は違っていて、飽きることがありませんね!
そして山を必死で上りながら、架線のないトンネルに進入する気動車。これは電車では味わえないです。

・・・ちなみにかぶりつきというほどかぶりついてません。
他人の目が気になるお年頃なんで(;^ω^)


oita2011_e23.jpg
そして大分から約1時間20分、10:31に豊後竹田駅に到着!
竹田の名産・カボスの形をしたベンチと、風情あるホームが出迎えてくれました(*´∀`)


というわけで、ただ電車に乗っただけなのにグダグダと色々書いてしまいましたが、次はいよいよ大分旅行のハイライト!
【6.荒城にして名城、100名城シリーズ・岡城址編】
をお送りします!


→次回鋭意執筆中
関連記事
[2011.10.27(Thu) 15:23] 2011/2012年のおでかけTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← おめでとう! 奈々様クリアファイルはリラックマクリアファイルにしんかした! | TOP | 371系にもカウントダウンがやってきたのだ。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://berg2.blog83.fc2.com/tb.php/1028-ee74d0e7
 ← おめでとう! 奈々様クリアファイルはリラックマクリアファイルにしんかした! | TOP | 371系にもカウントダウンがやってきたのだ。

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。