-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2010-06-29 16:38

箱根の秘境駅


帰り道で、塔ノ沢という駅に立ち寄ってみました。

前後をトンネルに挟まれ、まるでここだけ別世界のように、山々に囲まれています。
つまり、相当な秘境駅ですw
(ただし携帯の電波は届くw)

いやー、箱根登山電車はたまりません。
関連記事
スポンサーサイト
  1. お出かけリアルタイム更新

2010-06-29 14:25

紫陽花と登山電車


6月は梅雨。
しかしそんな時期でも何かを楽しむことが大事じゃないかな~、と思い、ついノリで箱根にやってきました。後悔はしていない。

つか、箱根登山電車は素敵すぎる!
スイッチバックも初体験だし!

紫陽花は少し開花が遅れ気味らしいですが、それでもだいぶ咲いてますよ。

今から大平台を出て、強羅へ向かいます。
関連記事
  1. お出かけリアルタイム更新

2010-06-27 23:17

国道1号と東三河環状線の立体交差化、最終章の続報

〔※2011年3月完成したレポをお探しの方はこちらからどうぞ


最終章って書こうとしたら、既に前回の記事で最終章と銘打ってあったので、続報にしましたw

さて、以前より何度かご紹介しております、豊川市の国道1号と愛知県道31号・東三河環状線の立体交差化工事


R1・r31立体交差工事@豊川市(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除)
交差部分の橋桁以外の工事をした状態のままで放置されること数年、今年やっと予算がついたみたいで、この見慣れた風景も、新しい日常の風景への工事が始まっています。


【これまでの記事】
国道1号と東三河環状線の立体交差化工事、いよいよ最終章(2010.4.14)
東三河環状線とR1の立体化工事が進行…止まってるし!(2009.9.20)
国道1号と東三河環状線が立体交差化工事中(2007.11.15)



R1・r31立体交差工事@豊川市(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除・停車中に撮影)
というわけで、まずは今年5月17日の写真。
この時点で一部の橋脚は完成していて、その間に仮設?の橋脚も設置して、完成済みの橋桁を持ってきた状態です。
あとは、スライドしていって降ろすような感じの工事になるんだと思いますが、その辺の工法はよく知りません。たぶん建設会社のホームページなんかに詳しく載っているかとw


R1・r31立体交差工事@豊川市(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除・停車中に撮影)
そしていつの間にか橋桁が1号線上に降ろされた状態になってました。既に橋桁にも信号機が設置されています。


R1・r31立体交差工事@豊川市(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除・停車中に撮影)
信号は青ですが、写真を撮ってたら青になってたんです。運転にはちゃんと気を遣いましょう(苦笑)

それはさておき、こんな感じで既に八幡町方面は橋桁の設置が終了して、繋がっている様子。
一方、御津町方面はまだ繋がってません。
とりあえずは、1号線の上に橋桁を架橋する工事が一番の難関だと思うので、既に佳境は超えたものと思います。架橋だけに。


というわけで、10月末の工事完了まで半年を切り、今年中あるいは今年度中には国道1号の上をスムーズに走れるようになりそうです。
そして国道23号豊橋バイパスも順調に工事が進んでいるようなので、いずれ遠くない将来には、車の流れにもまた変化が生じることと思います。


【追記】
→しかしなかなか完成しない2010年秋のお話はこちら
関連記事

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル:地域情報

  1. 東三河地方の地元ネタ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-06-25 16:17

木曾路は全て山の中


最後は妻籠宿に来た!

こちらも2回目ですが、妻籠は古めかしさが残ってて雰囲気抜群!
次回は彼女と来たいですw

これで全て回ったので、今から昼神温泉で湯に浸かってきます。
関連記事
  1. お出かけリアルタイム更新

2010-06-25 15:17

馬籠宿にて


中津川の馬籠宿に来ました!
2回目ですが、この坂道に宿場があるダイナミックな風景がたまりません。

今から長野に突入して、妻籠に行ってきます!
関連記事
  1. お出かけリアルタイム更新

2010-06-25 11:53

岩村城址なう


城址といえども、岩村城址はやはり最高峰の山城ですね!

景色もイイ!
関連記事
  1. お出かけリアルタイム更新

2010-06-25 11:04

東濃を駆ける旅


今、岐阜県恵那市の明智に来ています!

大正建築と山間の町並みがマッチして、面白いです。
明智駅で、今では貴重な硬券の入場券をゲット!
これはかなりアツいですw

今から更に北上して、最終的には南木曽の妻籠宿まで行く予定。
天気が悪くなる前に行ってきます!
関連記事
  1. お出かけリアルタイム更新

2010-06-25 01:59

お前らの彼女がいよいよ発売! ラブプラス+などのお話

本日6月24日は月末ということもあって、色んなゲームが発売されましたね。


そして、その中でもひときわビッグなタイトルが「ラブプラス+」
発売済の「ラブプラス」に追加要素を加えたとのことで、本体同梱版に至っては相当入手困難になっているそうですが・・・。


ラブプラス+本体同梱版(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除)
これのことですよね。
うはwww田舎に生まれて良かったwww








しかし残念ながら、私のものではありません。

これ、ウチの店(家電屋)にたった1本だけ配分された「マナカデラックス」なんですよ。
「リンコ~」「ネネ~」は残念ながら配分されず。

正直に言うと、
「アキバとかで瞬殺らしいし、どうせこんな田舎の家電屋に入ってくるわけがねぇw」
って思ってましたw


結構これの電話での問い合わせも多くて、私も1回だけ受けたことがあったんです。
その人が、なんとウチの会社の店舗を全部順番に電話するという猛者でw、とりあえず無いだろうけど調べてみますみたいに言って、調べたんですよ。

普通に調べるとやっぱり無いんですけど、裏技というか、違う調べ方をしたら、なんとマナカデラックスが1本だけ配分されてて、しかも予約がされてない!
お客さんもちょうどマナカが欲しかったみたいで、名古屋の人なのに当日東三河のほうまで買いに来るって言ってましたw

それで、本来は電話での予約は禁止なんですけど、今回は上が特別に電話予約を許可してくれて、この人は運よく写真のマナカデラックスをゲットすることができました。
(今日遅番で出勤したら既に無かった)
あとは転売厨でないことを祈るばかりですw


あ、ちなみに私はやっぱり3次元にまだ未練があるみたいで、ラブプラス+購入予定は無くなりましたw
その代わり、こちらのソフトを買ってみました。

ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable DXパック(オフィシャルブック&「セツミ先生」の聖地巡礼マップ同梱)ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable DXパック(オフィシャルブック&「セツミ先生」の聖地巡礼マップ同梱)
(2010/06/24)
Sony PSP

商品詳細を見る


どうやら泣きゲーらしいので、最近涙が乾きつつあるべるくを泣かせてみせろよ!という感じで購入w

ナルキッソス初回版(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除)
一応、初回版を買ってみました。
聖地巡礼マップがだいぶ大雑把なので、参考になるかどうかは分かりませんが(苦笑)、こういうの面白いなって思います。
今は戦場のヴァルキュリア2と平行してやっていこっと。


というわけで、明日は朝から友人と旅に出るのに、こんな記事を深夜に書いているべるくでしたw
関連記事

テーマ:日記・雑記
ジャンル:ゲーム

  1. ゲーム

2010-06-24 12:28

19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【武豊港駅跡編】

今回は武豊線の歴史を訪ねて回るレポ第3弾です!(※ただし車でw)


武豊駅(クリックで拡大/解除)








武豊駅
(クリックで拡大/解除)

JR東海・武豊線は大府~武豊間を結ぶ19.3kmの路線。
写真の武豊駅が終点で、その先の線路は途切れてます。

しかしながら、実は1915(大正4)年~1965(昭和40年)年の50年間、約1kmほど線路が伸びていて、その先には武豊港駅という貨物専用の駅があったのです!
(※ただし、正式な開業は1930(昭和5)年)


・・・というわけで、べるく的にはまだ珍しいジャンル「廃線探訪」の回ですよー!

ちなみに、前々回は明治時代の駅舎、前回は明治時代の跨線橋と古い建物を見てきましたが、武豊駅も新しそうに見えて大正11(1922)年建築と、割と古い駅舎だったりします。


【関連リンク(■)・これまでの記事・関連過去記事(□)】
JR東海公式サイト
武豊線-Wikipedia
中日新聞・鉄道特集「武豊線の歴史、今も… 日本最古の跨線橋現役」(2010.1.12)
速報! JR武豊線が電車になるって! その他最近のJR東海ネタなど(2010.3.19)
19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【亀崎駅編】(2010.6.13)
19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【半田駅編】(2010.6.18)

>>19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【武豊港駅跡編】の続きを読む

関連記事

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

  1. 東海地区の鉄道関連

2010-06-18 11:44

19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【半田駅編】

今回は、開業120余年・JR武豊線の歴史を訪問するレポの第2回!

半田駅(クリックで拡大/解除)








半田駅
(クリックで拡大/解除)

半田市の玄関駅・半田駅にやってまいりました!
ちなみに徒歩数分のところにミツカングループ本社がありますw

えっと、今回は駅舎そのものにはこれといって特徴はありません。普通です。ものすごく普通です。
しかし、駅の中に歴史を紐解くカケラ(?)が存在しているのです!

というわけで、駅の中・・・に入ろうとすると入場料がかかるので、すぐ横の駐車場から駅の中を覗いてみることにしますw
ケチいとか言うな


【関連リンク(■)・これまでの記事・関連過去記事(□)】
JR東海公式サイト
武豊線-Wikipedia
中日新聞・鉄道特集「武豊線の歴史、今も… 日本最古の跨線橋現役」(2010.1.12)
速報! JR武豊線が電車になるって! その他最近のJR東海ネタなど(2010.3.19)
19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【亀崎駅編】(2010.6.13)

>>19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【半田駅編】の続きを読む

関連記事

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

  1. 東海地区の鉄道関連

2010-06-15 23:59

レイニーホリデー

日記ですので、続きは隠しますね。

>>レイニーホリデーの続きを読む

関連記事

テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック

  1. 日記・雑記

2010-06-14 22:12

はやぶさ、その身燃え尽きるまで

昨夜、7年間の宇宙飛行を終えて、探査機はやぶさが還ってきましたね。

6月帰還と聞いていたのですが詳しい日時を知らず、昨夜は仕事から帰宅してブログの記事を書いているうちに、既に大気圏突入してました(苦笑)
瞬間の映像をライブで見たかったなぁ…。


記憶に新しい月探査機かぐやでは、ハイビジョン撮影の地球の画像を始め、色んな調査をしてました。こっちは割とトラブルも少なく、順調だったと思います。
だけど、小惑星探査機であるはやぶさの道のりは険しかった・・・。

中日新聞を読んでたら、「地球をソフトボールの球とすると、月は約3メートル離れた10円玉、イトカワは1.7km先の粉粒」って書いてありました。
はやぶさ頑張りすぎだろう、常識的に考えて。

しかもイオンエンジンのトラブルとかバッテリー切れで通信途絶したりとかの幾多もの困難がありましたが、先を読んだ技術者たちの努力と、発想の逆転で、3年遅れながら地球のソラへ還ってきたはやぶさ。
各種ミッションをこなしたはやぶさは、最後の最後に地球に落下することすらも、今後ありうる小惑星の衝突可能性についての軌道予想データとして使われるそうです。




最後、カプセルを放出後に大気圏に突入するはやぶさを動画で見てたら、涙腺が崩壊w
カプセルは一条の光となって流れ星のように地球へ向かい、それと対照的にはやぶさはバラバラに散って燃え尽きてました。
もうね、私こういうのに弱いんですよw


はやぶさが最後に撮影した地球(クリックで拡大/解除)










はやぶさが最後の任務として撮影した地球
(c)JAXA
(クリックで拡大/解除)

そしてこちらが、はやぶさが最後に撮影した地球の写真。
カプセル放出して燃え尽きる前のラストミッションです。

下が灰色なのは、途中で送信が出来なくなったからだそうで・・・。
満身創痍で還ってきて、最後まで仕事をして、燃え尽きる直前のこの写真は、綺麗に地球を写した他の写真にも決して負けてないと思います。
はやぶさ、かっこいいよ。


日本人がロボットなんかを擬人化・・・人間に見立てて愛着を持つというのは、物に魂が宿るアミニズムから来ると思う日本人特有のものだと思いますが、それにしても今回の「はやぶさ」帰還には、目頭が熱くなりました。

日本人技術者の努力もそうだけど、やっぱ7年間も宇宙で独り頑張り続けて、最後燃え尽きて使命を終えるはやぶさそのものに、敬意を表したい。
ただ、おかえり、って。

ここしばらく、自分の情けなさや過ぎ去ったことを悔やんだりして泣いたりしたこともちとありましたが、感動して涙が出たのはいつ以来だろう・・・という感じでした。
心が震えるこの感覚、最近思い出せずにいた感覚でした。

はやぶさの帰還と、それを支えた技術者の皆さんの努力、そこに感じたものを、自分も別の形で生かしていきたいなと思いました。
この半年ほど色々あって辛いこともありましたが、いいタイミングではやぶさが還ってきてくれて、私も頑張ろうという気になりました。

お疲れ様でした、はやぶさ。


そしてこの世界初の偉業を生中継する曲が1局も無かったテレビ業界に絶望しました。
所詮マスゴミはマスゴミだったというわけですね。
その時間にサッカーワールドカップの放送をしてなかった局もあるんだし、そういうところが中継でもすればよかったのに。

マスゴミは死んでますね。まあだいぶ前からですが。
関連記事

テーマ:気になったニュース
ジャンル:ニュース

  1. 気になるニュース
  2. TB(3)
  3. CM(3)

2010-06-13 23:59

19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【亀崎駅編】

以前、JR東海・武豊線が電化されるという記事を書きました。

武豊線といえば、愛知県大府市から知多郡東浦町、半田市を経て知多郡武豊町を結ぶ、知多半島の東側を走る路線。
単線非電化ながら昼間は30分間隔。朝夕は東海道線・名古屋~大府間を快速運転で直通したり、JRA騎手の武豊(たけゆたか)氏が有名すぎて「たけゆたか」線と呼ばれたりと、地味なようでやっぱり地味な、かといって沿線は宅地開発が進んでいてローカル線とも言えない・・・そんな愛でるべき路線。
(ちなみに武豊氏は実際に何回か武豊町の一日町長をしているそうなw)


武豊駅(クリックで拡大/解除)







武豊駅
(クリックで拡大/解除)

そんな武豊線ですが、実は開業が1886(明治19)年ということで、何と120余年の歴史を持つ歴史ある路線なのです!
1872(明治5)年に新橋~横浜間に最初の鉄道が出来てから14年後のことでした。

その紆余曲折をボルナレフ風に言うと・・・
「東西幹線鉄道を造るための路線として造られたら、いつの間にか(一部が)その幹線に取り込まれていた」
という感じw

元は国策として関東~関西間の鉄道を中山道ルートで造るつもりで、その物資輸送のために熱田~武豊間に線路を敷き、武豊港で陸揚げした資材を送るようになってました。
ですが武豊線が完成した年に東海道ルートに変更され、経費節約のため熱田~大府間を東海道線とし、1889(明治22)年に東海道線が全通してます。
その際に大府~武豊間は東海道線の支線となり、1909(明治32)年に武豊線と命名されました。

この急展開、そして建設ピッチの早さ、明治の先人たちがいかに鉄道に力を入れていたかがよく分かります。(主に軍事的理由ですが)


・・・と、武豊線の黎明についてはこれぐらいにして。
で、私が何を見に行っのかというと、その開業当初から120年以上使われている、日本最古の現役駅舎があるそうなんですよ!

場所は半田市ということで、今月1日に半田市の散策をするついでに、武豊線の見所も押さえてきました。
(半田市散策についてはまた別の記事で)
ただし今回は車です。写真に写っているフィットですよ!
・・・まあ天下の東海様だし、いいよですよねw


【関連リンク】
JR東海公式サイト
武豊線-Wikipedia
中日新聞・鉄道特集「武豊線の歴史、今も… 日本最古の跨線橋現役」(2010.1.12)

>>19.3kmに詰まった120年の歴史・JR武豊線【亀崎駅編】の続きを読む

関連記事

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

  1. 東海地区の鉄道関連

2010-06-11 15:11

自分で気づく

というのは、意外に難しい。
昨日、自分もちょっと下手なことをしてしまいました。

てなわけで、毎度おなじみ備忘録日記です。
毎回毎回お恥ずかしい内容でごめんなさい。

>>自分で気づくの続きを読む

関連記事
  1. 日記・雑記

2010-06-11 12:16

Highest Life

今回も毎度おなじみ備忘録日記です。
とてもお恥ずかしい日記です。
こんなんチラシの裏にでも書いとけよ、っていうぐらいの日記ですw

それと最近ブログ・・・というかネタ記事に熱が入っていなくてごめんなさい。
一応、ブログは自分のはけ口というスタンスもあるのでご勘弁を(苦笑)

>>Highest Lifeの続きを読む

関連記事

テーマ:日記
ジャンル:日記

  1. 日記・雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。