-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2011-09-11 01:41

今年の高校生クイズについて語ろうと思ったら2年前にほぼ同じことを語ってた

実際参加者減ってるそうで。>挨拶
どうもこんばんは。日テレに怒りすら覚えるべるくです(`・ω・´)


えっと、先日高校生クイズがありましたが。

うん。

今年もつまんなかったね。

せっかく予約録画したけど、早送りしながら見て、見終わったらすぐ削除しました。



というわけで、今から色々と書こうと思ったんですが・・・

2年前にもほぼ同じことを書いてました(;^ω^)

その記事は→こちら


っていうか、今年はこれまで以上にイラつく。


何で番組応援ソング唄った奈々様がエンディングの、しかも地方大会の映像でしか出てないの?

日テレは何をどうしたらあんなにも奈々様を無駄遣いできるの? バカなの? 死ぬの?


2年前に書いた通り、マスゴミさんはいつも通りキレイに期待を裏切ってくれましたね(´・ω・`)

(まあある意味期待してないのがそのままだったのだから、期待通り・・・なのかな?w)
スポンサーサイト

テーマ:TV
ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. テレビ・芸能・スポーツ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-07-31 04:03

高校野球2010愛知大会決勝を見に行ってきた

今回の記事は、べるくさんには珍しいスポーツネタ。
7/30(金)、岡崎市民球場へ高校野球愛知大会・決勝戦を見に行ってきました!!

愛知大会決勝の様子(クリックで拡大/解除)
「俺は18きっぷを使って京都辺りに行こうと思っていたら、いつの間にか高校野球を見に来ていた」
・・・すんません、単に寝坊して出かけられなかっただけです(;´Д`)

夏の暑い日差しの中、岡崎市民球場は満員御礼。
というか、稲沢市の愛知啓成と名古屋市の中京大中京の試合が岡崎市で行われる不思議w
でも、車で来る場合はインターも近いし駐車場も広いのでうってつけかも。


バックスクリーン(クリックで拡大/解除)
というか中京大中京強すぎワロタ。
しかも今大会コールド率5割(3/6)。
今後はできれば公立高校に頑張ってもらえると嬉しいですw

写真を見ても分かるように、中京が最初から試合をリード。
途中崩れそうになったところに、エース森本を投入して乗り切り、あとは無難な試合運び。
もう少し白熱して欲しかったw

あと中京の応援は甲子園常連だけあって半端ない。
チアの動きも上手いし、応援の統一感もあるし、あれだけで相手校は威圧されると思う。

ちなみに中京の女の子は、割とあかぬけてかわいい子が多いですよw(大学の最寄り駅が昔は一緒だったので)
ただ、チアは競技チアなので(以下略


試合後の風景(クリックで拡大/解除)
独りで見に行って暇だったので、選手の出待ちもしてみました。普通はこういうの女の子がしてるんですがw
でも、負けた啓成が中京に、今まで戦った色んなチームから集まった千羽鶴が手渡され、「青春っていいなぁ」ってべるくさんが思ったとかそうじゃないとか。

テレビで見るのもいいけど、やっぱり現地で見ると臨場感というか、選手や応援の人たちの一体感、勝敗によって生まれる悲喜こもごも、そういうのがダイレクトに伝わってくるので、引きこもらずに見に行って良かったなって思いました。


去年の甲子園を制覇した中京大中京。
正直いっつも甲子園行ってるんで、あんまり好きじゃなかったんですよ。
去年の白熱した甲子園決勝だって、日本文理応援してましたしw
でも、それはやっぱ彼らがそれだけ練習してる証拠だし、背負ってるものもある。
今年ぐらいは彼らを応援してもいいかなw

そして自分の夏もこれからだ!
仕事にプライベートに、充実した夏を過ごそうと思います!

テーマ:高校野球
ジャンル:スポーツ

  1. テレビ・芸能・スポーツ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-01-11 02:39

大河ドラマ「龍馬伝」の広末涼子は土佐弁かわいい

大和ミュージアム行きたい…。>挨拶
今度は「男たちの大和」に影響を受けたべるくです。呉最高!

それはさておき。
えと、このブログ、基本的にはネタ基本で日記は書かない予定だったんですが、それぞれを交互に隔日で書いていく方針にしようかなと思っております。
なので今回は、つらつら日記。


今日は仕事を終えて、PCで録画した大河ドラマ「龍馬伝」の第2回を食事しながら視聴。
そして45分の視聴を終えた、その感想。

女の子の方言(特に西日本)はやっぱかわいい。
これに尽きる。

「なんでそんなこと言うがじゃ?」

ああああああ、いいねぇ~☆
っていうか、広末涼子って高知県出身でしたね。ハマリ役じゃね?w

最近は「よみがえる空」の能登めぐみの岡山弁とか、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の菅野美穂の伊予弁とか、女の子が喋る方言の魅力を再発見しつつあります。
「特に西日本」と書きましたが、母親が秋田県出身なので正直に言わせて頂くと、かわいい以前に東北弁わげわがんねwww

もちろん三河弁も大好きだけどね!
三河弁の「だら~」は割とかわいいと思うけど、どうなんでしょ?w

テーマ:大河ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. テレビ・芸能・スポーツ

2009-11-29 21:57

明治の気概、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」

ゴルフ取材でカートで人轢いたTBS死ねよ…>挨拶
まあ奴ら今年赤字でメシウマですけどねw べるくです。


登っていく坂の上の青い天に、
もし、一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすれば、
それのみを見つめて坂をのぼってゆくだろう。


というわけで、今日から放送開始の
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」
第1話を見てみました。

思えば学生時代に、文庫を買って読んでたんですよ。
元彼女さんに貸したこともありました。
そしたら6年前にドラマ制作発表して、2年前に撮影開始。
6年間、今か今かとずっと待ち続けておりました。

ボクシングなんか見てる場合じゃない、いやマジでw
今年メイキングを放送してたけど、NHKかなり本気だわ…って思いましたよ。


ドラマの1コマ(クリックで拡大/解除)(クリックで拡大/解除)
明治。武士が失業しまくって先が分からない時代。
でも、未来は明るいとただそれだけで生き抜く人々。
真っ直ぐですよね。
(まあ危機的状況でもあったわけですけど)

特に秋山兄弟はかっこいい。
私は明治の軍人に憧れる。彼らのようにありたいと思ってます。最近はダメ人間だけど…
子規も、病に蝕まれても自らの目指す道を進むその姿がかっこいい。
色んなかっこいいがあっていい。
出てくる実在した登場人物も、皆個性的で面白い。
(個人的には西田敏行さんの高橋是清がはまり役で良かったw)

ただ戦争とかのリアルさを出すだけじゃない。
きっと、司馬遼太郎が描いた明治のそういうところを、ドラマでも描いてくれると思ってましたし、実際やってくれてたかなと思います。
もちろん、ロケも相当本気、CGもかなり出来が良く、全体的なクオリティは高かったと思いますよ。


たった100年前のことなのに、日本は明治~昭和初期の歴史をないがしろにしすぎてますよね。
幕末以前だけが歴史じゃない。
そして明治以降の歴史は連綿と今まで続いてるんだ。戦争で途切れたりもしてない。

明治の日本人の気概を感じて欲しいし、私も昔の私が感じたことをもう一度感じたいと思います。
そんでまた明日から生きていくための糧にしたいです。


「男子は生涯、たった一事を成せば足る。
そのために、あえて身辺を単純明快にしとくんじゃ。」


この好古の一言が、とても胸に響きました。
自分は俗物だな、と。
サムライは滅んでも、その魂はずっと日本人の心に宿らせることができると思いました。


余談ですが、天地人の最終回も今日再放送で見ましたが、なかなかよかった。
やっぱり最期は、愛する妻の目の前で死にたいものです。

テーマ:今日見たテレビ番組
ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. テレビ・芸能・スポーツ

2009-09-18 13:40

今回ほど感じたことはない、デスブログの恐怖…

化物語10話がマジで紙芝居だったんだぜ…>挨拶
何を言ってるのか分からない人が普通です。どうも、べるくです。シャフト頑張れ。超頑張れ。


今日はそんな怪異のお話よりも恐ろしいお話。
皆さんはこんな都市伝説(?)を聞いたことはないだろうか?


もはや都市伝説? 東原亜希「DEATH BLOG」と呼ばれるワケ(livedoorスポーツ)


最近ではかなり有名な、タレントの東原亜希さんによる伝説
競馬の予想は大本命であろうと全敗、名前を書かれたり関連を持ったりする企業や人が軒並みアクシデントに遭うという、ホントか嘘か分からない話。
正直、私もまさかそんなこと…とは思ってたんですが、一昨日こんなニュースがありまして驚愕しました。

花王、「エコナ」全製品を販売自粛(産経iza)

まあこの話自体は、花王が顧客の信用を優先して回収・改善するというごく当たり前のことなんですが、問題は、9月2日の彼女のブログに、堂々と「花王さま」と名指しでタイトルにされた記事が書かれていたこと。

花王さまの記事(※閲覧は自己責任でw)

実はこれを4、5日前ぐらいにたまたま見たのですが、今度は花王なのかなぁと軽く考えるだけだったのに、気づいたらまさかの花王自主回収w
さすがに今回は「え…冗談だろ…?」と思ってしまいました…。

あと某掲示板のオカルト板では、「デスブログを見るとGが出るか下痢になる」というお話まで出ているようですが、実は昨日、今年2匹目のGが出没しました(泣)
正直「俺、こんな記事書いたら消されるかも…」などと本気で思ってしまうぐらいの、この伝説の当たりようは恐ろしいというほかありません。


私自身、もともとスピリチュアルとか占いとかには否定的ですし、まあ正直この伝説も面白半分だったんです。
偶然に偶然が重なったとか、単なる確率の問題とか伝説なんてオカルトと一緒だとか、色々言いたい方もいらっしゃるでしょうが、さすがにここまで来ると信じてしまうのも無理はないのかなぁ、という気もしてきました(苦笑)

テーマ:女性タレント
ジャンル:アイドル・芸能

  1. テレビ・芸能・スポーツ

2009-09-05 06:23

知力と視聴率のハザマで、高校生クイズはどこへ行く?

部屋にゴキさんが出現したので格闘の末、逃げられた初秋の深夜。>挨拶
まだ部屋の中にはヤツが居る。こんばんは、べるくです。


高校生クイズを見ると秋を感じる、なんて昔どこかの記事の冒頭に書いた記憶がありますが、今年もそんなシーズンやってきました。
去年は見逃してたんで、今年はどうかな~と思って録画して見ましたが…。


クイズできない低偏差値校は死ね、だそうです
えっと、高校生クイズのコンセプトって「知力・体力・チームワーク」じゃなかったでしたっけ?

某筋によれば、どうも去年も同じようなクイズ偏重傾向だったようですが、今年もご多聞に洩れることなくそのようだったみたいです(苦笑)

なんというか、マナークイズでフィンガーボウルを飲んで一発退場くらってた頃が懐かしい…
高校野球に例えると、エラーが全然無くて、好プレー続出でプロ野球より上手い甲子園の試合を見ているような気分でしたw
ここしばらく高校生クイズは「クイズ関係ないし!」って思うことばかりでしたが、逆に知力だけのクイズオンリーになると劇的につまらなくなってしまいますね。

つまり、
このクイズ番組をあえて高校生を使って放送する意味はあるの?
ということになってしまいました。

>>知力と視聴率のハザマで、高校生クイズはどこへ行く?の続きを読む

テーマ:日本テレビ
ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. テレビ・芸能・スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。