TOP > CATEGORY > NPO法人ドットジェイピー
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 犬山市長選の候補者が多すぎる件 

いや、これホント多すぎじゃね?

中日新聞Webニュース「選択肢が多くて困る」
毎日新聞MSNニュース「5日に公開討論会」

ちなみに候補予定者は9人前後。
▽政策・経営コンサルタント(男性・35)
▽市議(男性・33)
▽元米国人の市議(男性・48)
▽会社員(男性・53)
▽県議(男性・48)
▽市議(女性・64)
▽NPO法人代表(女性・65)
▽会社員(男性・63)
他1人(だと思う)

33歳の若い市議、元米国人の市議といい、犬山市はすごい。面白すぎます。

しかも。
33歳の男性市議、元米国人市議、県議のお三方は、何と私が所属していたNPO法人ドットジェイピーの議員インターンシップにご協力いただいているという議員さん。私もよく知っています。
そして何と前市長の石田氏もドットジェイピーの首長インターンを受け入れていただいていたという事態w
何ともドットジェイピーには縁のある土地、それが犬山市だったりするのです。

で、何が言いたいのかといいますと、
「学生なら議員インターンシップやってみるといいよ」
ということなのですけどねw
政治がどんなものかっていうのが間近で見れて面白いですよ。
別に議員志望の方だけがやるわけじゃないですしね。

そして犬山市民よ、とりあえず
12月17日は全力で投票せよ!
「全力」とは@はてな

スポンサーサイト
[2006.12.09(Sat) 00:00] NPO法人ドットジェイピーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 拝啓、ドットジェイピー様。 

2006年10月02日 ()

えー、全部流用ですがw、今の心境をつらつら書いたものです。

2006_0930AA.jpg

この9月をもって、大学を卒業しました。
大学に入ったのは2001年4月。
1年の休学と、半年の留年を経て、
同学年のみんなとは、1年半遅れの卒業です。
その遅れた最後の1年で、ドットジェイピーと関わらせて頂きました。

↓続きを読むにはここをクリック!↓


正直、今の大学には面白いこと、良いことなんかないと思っていました。
大学には大勢に流されて生きる人間ばかりがいて、嫌でした。
世の中も、不幸なニュース、悪いニュースばかりが流れてて、
自分は生まれる時代を間違えたとさえ思っていました。
結局、大学もサボり気味、就活なんかやる気なし。
そんな感じで、4年半過ごしてきました。

そして、議員インターンシップに参加したのは去年の夏。
「政治家に一言、文句を言ってやりたい」
そう思って飛び込んだこの世界。
いかに自分の視野が狭かったかを実感した夏でした。
それに、意外に世の中は絶望したものでもないなと分かったら、
ちょっとすっきりしました。

その後、大学で煙草を吸っていたら、現代表と会い、
色々話を聞いているうちにスタッフになりました。
ここでも、いかに自分が狭い世界で生きていたかを実感しました。

スタッフになったのは、単純に、
「大学生活がこのまま終わっていいのかな」
という動機だけでした。
それまでの4年半、何もしてこなかった自分のためにも。

自分にはたいした能力もないし、大変なことも色々ありましたが、
なんだかんだで楽しかったです。
何でもっと早くにドットジェイピーに気付かなかったんだろう、と思いました。
そうすれば、もっと大学生活が充実したのに。

でも、過ぎてしまったことはどうしようもない。
だから、短い期間でも、充実した時間を過ごせたことは、良いことでした。

カラオケ以外では感情をなかなか出さない自分ですが(笑)、
ホントはとても楽しかったんですよ。
こうやって、皆と1つのことをしているのが。


さて、これまで風任せに生きてきた自分ですが、もう学生ではなくなりました。
10月から、インターンした議員の事務所で、スタッフとして働きます。
このままドットジェイピーのスタッフを続けるかどうか、だいぶ迷ったのですが…。

ひとまず来年春の選挙までの半年。その後はまだ分かりません。
就職する予定ですが、どうなることでしょう。

ただ言えることは、自分の道は自分で決める。
そして、楽しいこと、面白いことは自分から掴みに行く。
一度しかない人生、楽しまなきゃ損ですしね。


自分は足りないところがまだたくさんあります。
能力なんてまだ全然ありません。

それでも、仲間と1つのことを為し、
目標に向かって突き進んだこの1年はきっと、
これから生きる上での糧になっていくでしょう。

ドットジェイピーで関わった全ての人に、感謝します。
本当に、ありがとうございました。

これで大学生活も、本当に卒業です。
9月の卒業も、意外と悪くないですね。

Close↑

[2006.10.02(Mon) 10:06] NPO法人ドットジェイピーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク いろいろありました、全社会。 

2006年09月23日 ()
なかなか更新できなくてすみません。

電車男いい話だったよ!!>挨拶

そして何故か崇拝されるマチルダさん。



えっと、これより下は、一応真面目な話ですw

ぐだぐだ書きます。ご了承下さい。



ちょうど先週の3連休は関東に行っていました。

現地更新した時にも言いましたが、NPO法人ドットジェイピーの全社会です。

んでもって、気付けば一週間。時間の経つのは早いものです。


全社会では、普段メールや電話でやりとりする全国の支部のスタッフに会うことができます。私は、他の支部に知り合いがいないので、数人のひとと結構話したりしてました。

で、今回、ドットジェイピー全社会において、

東海支部が最優秀拠点に選ばれたんです!

皆で泣きながら、喜びを分かち合っていました…。



1期(半年)の締めくくりである全社会。
私は大学卒業を機に、今期でドットジェイピーを辞めさせていただくのもあり、最後の最後で非常に嬉しいことが起こったのです。

色々書きたいことはあるんですが、これも一重に東海支部みんなの、そしてそれを取りまとめた代表のお陰であると言えます。

目だって能力があったわけではない今期の東海支部スタッフですが、某T自動車みたいに堅実に業務をこなし、目標数を達成してったりしたことが勝因だったのではないかと思っています。



私は、とある大学の集客責任者であったのですが、他の大学で1人で頑張っているスタッフ、特に新規スタッフをサポートしたくて、色んな大学を回りました。

ビラの印刷も、二輪の機動力とゆとりの時間を生かして、私ができるだけやってあげました。

インターン生を受け入れてくれる議員も、私より若い議員統括に苦労をかけたくなくて、色々なところに訪問したりもしました。

それは全て、みんなのため。代表のため。支部のため。

それが実を結んだことが、とても嬉しかったです。

(ただし、責任者だった大学が目標割れしたことは申し訳なく思ってます)

今期の初め、宿泊研修を支部で行ったとき、代表は、前期に最優秀拠点を取れなかったこと、彼が新スタッフだった頃に東海支部が潰れかかってたことを、男泣きしながら話し、今度は最優秀拠点賞を取ろうと言いました。

思えばそのときから、この東海支部の結束は始まっていたんじゃないかなと思います。Fate風に言えば、それは「約束された勝利の剣」。成るべくして成り、取るべくして取った賞だったのかもしれません。



これで、私はドットジェイピーを卒業します。

今期もあと1週間しかありません。悔いを残さないように、やりきります。

思えば1年前、ドットジェイピーのビラを見て参加を決めた「議員インターンシップ」。

何もかもがかったるくて、大学や、大学にいる周りのヤツらが嫌いで仕方がなかったとき、入学して以来初めて自分から動き出したのがこれでした。

それからの1年、怒涛の如く流れましたが、とても貴重で、かけがえのなくて、そして楽しい1年でした。

自分はまだまだ足りないところがたくさんあります。

能力なんてまだまだ全然ありません。



それでも、

仲間と1つのことを為し、

目標に向かって突き進んだこの1年は、

きっと私がこれから生きる上での、糧になっていくでしょう。



私は普通が嫌い。

私は、人と同じことが嫌い。

だから、9月の卒業式なんて、なかなかオツじゃない?

それが私の運命。自分で切り拓いた、運命。

これからも、自分で切り拓いていく人生を。



そして、ドットジェイピーと、

ドットジェイピーの東海支部に、

幸多かれ。

[2006.09.23(Sat) 23:59] NPO法人ドットジェイピーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 優しい雨 

2006年04月02日 ()

ちょっと自分の話をします。

今日は、スタッフをしているNPO法人(特定非営利団体)ドットジェイピー議員インターンの締めくくり、最終報告会でした。

10月にスタッフになり、半年間が怒涛の如く流れていきました。

そして今日がその最終日。

思ったことが色々ありまして、ついブログに書いてしまいたくなりました。

というか、まあ別に何を書いてもいいのがブログなのですがw

しかし、私はあまり自分のことを上手く表現することができないので、どう書こうか考えているのですが、まあ順を追って書いてみようと思います。

 

そもそも、私は昨年の夏に議員インターンシップというものを2ヶ月間やり、その後、そのインターンを運営するNPOのスタッフになりました。

何故スタッフになったのかといえば、インターンを経験して社会(しかも議員という特殊な視点の)を見て、このまま元の大学生活に戻ることが嫌だったことと、スタッフをしていた人たちが魅力的であったこと。この2つが理由でした。

そしてスタッフとなった後。苦しいこと、辛いこと、失敗したことは限りなくありました。

授業もあるし、バイトもあるし、遊びだってしたい。ただの学生が何故ここまでやるんだ、と辞めたくもなりました。

しばらくスタッフをして右往左往しているうちに半年が過ぎ、今日で16期のインターンが終了しました。

 

そうやってきて、今この時点で思ったこと。

本当にそれは限界だったのか。
自分はもっとやれたんじゃないか。
できることもできないことも、まずは「やろう」としていただろうか。
もっとうまくできたんじゃないか。

そんなことばっかり思い浮かびました。

だから、今日の最終報告会、スタッフや一部インターン生は感動していたのですが、自分はどうしても納得ができない。

だから感動しきれない部分がありました。

それはただ単純に、悔しかった。

 

それはここ最近ずっと思っていたことでもありました。

だから。

私は、もう1期(半年)、スタッフをやろうと決めました。

このままでは終わりたくない。終われない。ただそれだけ。

大学を卒業できなかったから続けるのではなくて、自分の意思で続けたい。そう思いました。

 

今日はその最終報告会の後に、インターン生も交えて懇親会を開きました。自分が受け持ったインターン生や他のインターン生、スタッフ、色々な人と話をしました。

話が弾んでいく中で、
「べるくさんはどうしてスタッフしているんですか?」
と聞かれ、改めて自分が何故スタッフをしているのかを客観的に考えました。

今思うのは、スタッフをやろうと決めた時のことだけではなく、
「自分が『やって良かった』と思えたこの議員インターンを、もっと沢山の人にやってもらいたい」
っていうことが頭の中にありました。

私は、つい1年前とかそれぐらいまで、
「世の中みんな消えてなくなればいい」
ぐらいに思っていました。政治だけじゃなくて、世の中に絶望していました。

なので、唯我独尊的なことしかせず、人との繋がりを軽視していました。

しかし、議員インターンをして、政治どうこうじゃなくて、やっぱり自分は社会の一員で、人との繋がり無しでは生きていけないということを痛感し、自分のそれまでの意識が、180度とはいかなくても、160度ぐらい変わってしまいました。

無論、政治とか議員というものも、「まだまだ日本は捨てたモンじゃないな」と思い知らされ、世の中に希望が持てました。

私の中で、議員インターンは間違いなく人生のターニングポイントになったのです。

 

そういったことを話していると、インターン生も、「自分も議員インターンをやってよかった」と皆言ってくれました。

それを聞いた時、私は

「ああ、スタッフやってきてよかったな」

と強く思いました。思ったというよりは、実感しました。

「そうか、自分がスタッフやってきたのはこれが聞きたかったんだな」、って。

しかも、その後の二次会で、インターン生から「スタッフになる」っていう子たちも出てきてくれて、感慨深くなってしまいました。

人との繋がりを極力避けていた自分が、こう思えるようになったことも、自分が変わったかなと思える瞬間でした。

 

確かに、自分のやったことは、自分の中では満足し切れなかったかもしれない。

でも、こうして目の前にいるインターン生から「やってよかった」って言ってもらえること、そして議員からも「インターンを受け入れてよかった」って言ってもらえること。

それが何より嬉しかったのです。

だから、もっとやってやろう、っていう気になれました。

 

また、今期でスタッフを辞める人たちもいます。

彼らの持っていたポジションは重要だったし、それは無くしたくないものです。だから、自分は彼らの次に立ってやっていこう。彼らの残した財産を、私たちが引き継いでいこう。そういうことも強く思いました。

それに、去る者あれば入ってくる者もあり。新しくスタッフになる皆とともに、次のドットジェイピー、次の議員インターンをより良いものにしていきたい。

だからもっと頑張れる。頑張る。

半年後にもきっと、「インターンやってよかったです」ってインターン生の皆に言ってもらえるように。

そしてまた、自分が「スタッフやっててよかった」と思えるように。

 

桜が咲くこの春の日。

終電で帰って駅に着いたら、ぽつぽつと雨が降っていました。

そんな雨も優しく感じられる、そんな一日でした。

[2006.04.02(Sun) 01:20] NPO法人ドットジェイピーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 大学生のうちにしか出来ないこと、たくさんある 

2005年10月19日 ()

ちょっと長くなったので、別記事にしました。

さて、先ほどメールが沢山来た、なんてことを書きましたが、ほとんどは例のインターンスタッフの件で、半分以上は閲覧のみなのですが、閲覧してどんな内容なのかも把握して、良いアイデアかなんかがあれば報告もする必要があり、結構大変です。

しかしこれ以上の数のメールを処理する人、特に有名サイトの管理人さんなんかは本当に大変なんだな、と痛感します。

っていうか、これぐらいのメール受信は社会人になったらデフォですかね…?

大学生の身分で色々身につけれることも多く、勉強になります。現に東海拠点代表は私より年下ですし、まあ何事も年齢は関係ないってことですね。

 

それで思い出したのですが、最近、その関連で某党の県連青年部の方々と懇親会をしたのです。

「若者の政治参加」に関して意見交換をしたりしたのですが、私たちよりちょっと上の兄貴的な立場で人生相談もしてくれたり、面白い会でした。

で、何が印象的だったかというと、会の前にその青年部の定例街頭演説がありまして、何と私も名古屋駅前で街頭演説をさせていただきましたw

単なる大学生が街頭演説って、何かおかしなシチュエーションですねw。

口は渇くわ、緊張するわで、カミカミでしたが、あっという間の数分間でした。ちなみに何を話したのかというと、「政治はテレビの中の出来事ですか?」ということ。

議員インターンをやって、政治が身近に感じれたので、それを伝えようと思ったのですが、いきなりそんなこと言われても無理ですよね(苦笑)

だからこそ私は、大学生の皆さんに「議員インターン」をしてもらい、政治を身近なものにしてほしいです。

次は冬休みの2・3月に行う予定です。今は説明会開催の案内が各大学で飛び交っているところです。

なお、大学によっては、単位認定もあります。

もし関心がある方、どうぞ「ドットジェイピー」のサイトを見てみてください。

[2005.10.19(Wed) 18:54] NPO法人ドットジェイピーTrackback(0) | Comments(5) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 4432
参上しましたよ。
リンクはらせてもらいます。
それにしても、なかなかのヲタクっぷり万歳!!

by べるく
>4432さま
参上ありがとうございます!
こっちもRSSに登録しました。
それにしても、どうよこのぬるヲタっぷりw
高校時代も結構なヲタだったんですが、大学に入って拍車がかかったような気も…。
私もたいぞー氏みたいにニート代表で国会議員かな?w
まあ、ニートにならないように頑張ります。

by NO NAME
気を悪くされるかもしれませんが、ぜひ聞いていただきたいと思います。
街頭活動は一般的に不特定多数の「任意」を求める場所であると理解しています。選挙に出馬する候補者は有権者に信託を求め、赤い羽根は救われない人たちに善意を呼びかけていますが、これらが強制されることはありませんよね。
べるくさんの街頭活動の趣旨は、政治への関心を訴えるものですが、政治が自分とどう関わっているかということは、本来は義務教育が終了した段階で知っていなければならないことです。
それを街頭演説によって伝えるということは「政治に関心をもつことはあくまで任意による」と捉えられ、せっかくの活動が自分たちの意図したことと真逆に伝わってしまうのではないかと思いました。
>政治を身近なものにしてほしい
このメッセージをぜひ、学校で勉強する子どもたちに伝えてほしいと思います。
子どもたちは政治が難しい、堅苦しいから知らないのではなく、教えても分からないだろうとする大人が教えないことが原因だと思います。
政治を知らない子どもたちに教えてあげてください。すべて伝わらなくても脳裏に残った印象や単語があるきっかけで結びつき、知っているところから興味がわくことだって大いにあります。ある日突然、議員インターンやりたい!とはならないはずで、少なからず政治に関する先行知識があったからその動機に繋がったかと思うので。
教育現場に政治を考える授業が浸透すれば、将来は今よりたくさんの人たちが政治に関心を持ってくれると思います。実際、教師が教科書以外のことをしようとすると教育委員会からうるさく言われるらしいので第三者の立場からぜひ働きかけてみてください。
活動応援しています。長文スマソですが、頑張ってください!

by リュウコウ
すいません。↑はリュウコウが書きました。

by べるく
>リュウコウさま
気を悪くするなんてとんでもない! いつもコメントありがとうございます。
確かに街頭活動の本質を考えると、私の訴えも「任意」で取捨選択されるわけですね。このようなご指摘・ご意見は大変貴重です。私は「話してみな」と言われて勢いで喋ったので、そこまで考えていませんでしたから・・・。
政治を知らない若者たち。懇親会でも、やはり議論はありました。
私も常々思っていましたが、やはり教育現場での政治への取り組みが無さ過ぎです。何であろうと、教えなきゃいけないのだと思います。今回お会いした議員方もそれは常々感じていらっしゃるようでした。
三権分立とか国会は唯一の立法機関だとか教科書を棒読みする前に、身近なこと、例えですが、あの道路に横断歩道を設置して欲しいけど役所取り合ってくれない、みたいな(変な例えですが)そういったことから始めるだけでもいいと思います。
中学生でも分かるような分かりやすい言葉で政治を語れば、大抵の人は分かります。だったら中学生にもそれを言えば良いんです。最近は総合学習?なんてのもあるのですし、議員さんを呼んで易しい政治の話をしてもらうとか、職場体験学習で議員さんの所へ行くとか、してみればいいのではないかと思います。ただし、これは議員を見る目が必要ですが。
やはり第三者の立場というのは必要かもしれないですね。NPOスタッフの立場としては出来ないかもしれませんが、別の立場ならいくらでも出来るわけですし、自分が出来ることをしたいです。
第三者ではないですが、本気で議員になって、むしろ当事者として働きかけるのもありかな、なんて思ってますw。現在の教育に対して言いたいことが沢山ありますから。特に歴史教育に。右翼的じゃなく、客観的な視点として。
こちらも長文で皆さんすいません。リュウコウさま、改めてありがとうございました!

コメントを閉じる▲

リストマーク 一応、報告を。 

2005年10月13日 ()

只今午前4時。眠いけど眠くないです。(何だそりゃ)

ここんとこマジメな話ばかりで申し訳ないです。っていうか、衆院選の選挙活動のこととか、議員インターンの記事何かも書きたいのですが、どうしても長文になってしまうので…。

さて、報告と言うほどのものではないのですが、

私、この半年間、NPO法人ドットジェイピーのスタッフをすることになりました。

そのうち、ホムペに私の紹介が写真つきで晒されると思います(笑)。

まあいつかにも書いたと思いますが、私がしていた議員インターンの仲介と言いますか、学生と議員を繋ぐ団体で、スタッフは基本的に大学生です。

動機は何だったのかというと、1つは議員インターンが終わって元の大学生活に戻った時、何だかこのまま最後の大学生活終わるのかな~、だったら学生のうちに出来ることをもっとやろうと思ったから。

もう1つは、スタッフが皆変わってて面白い人らばっかりで、こいつらとなら面白いこと出来そうじゃないかな、と思ったから。

やるからには一生懸命やるつもりです。

ただ、もしかしたらですが、今までより多少更新頻度、あるいは文章量が少なくなるかもしれません。

しかし、やはり基本的に1日1更新は続けていこうと思います。なので、今後ともよろしくお願いいたします。

[2005.10.13(Thu) 04:22] NPO法人ドットジェイピーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

Twitterで今日のつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

べるしぃの生涯経県値

最近のコメンツ

最近のトラックバック

カレンダー&アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

アイドルヲタなんてDMMで簡単になれます

Amazonとか

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。